Hな告白や体験談ブログ

【18禁】女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています。

Top Page › ◆男性の告白・体験談 › 学生の体験談 › アパートの引越しの挨拶したおばさんと
2020-11-30 (Mon)

アパートの引越しの挨拶したおばさんと

 大学生の時、地方の大学に入り、寮は嫌だったんで、ボロでもアパートをと思ったら、大学から少し離れた(徒歩で15分)くらいに、築30年くらいのとこが安くありました。

 2階の一番奥で、一応風呂トイレ付き。私が入る前にリノベーションされていて、トイレは洋式になってました。引っ越して隣に挨拶行くと、見た目、50前後のおばさんが出て来ました。



PR
 ちょっとふくよかで化粧っ気が無く、ぶっちゃけ、だらしない感じでしたが、気さくに話してくれて、ゴミ出しのことやら、いろいろ詳しく説明してくれました。

 ただ夏場となると、外出の時以外はノーブラで、ゴミ出しで会うと、薄いTシャツやワンピース越しに胸ポッチが丸見えで、いくらおばさんとはいえ、まだ童貞の私にはなかなかの刺激でした。

 しかも胸元ダブダブなんで、一緒にゴミ出しして目の前で前屈みされたら、おっぱいは丸見え。しゃがめば白い綿パンツも見れて、それだけでオナのオカズになってました。

 秋になり、過ごしやすい気候となると、窓開けして、講義の無い時間は部屋でボーっとしてたりしてましたが、ある日、外からうめき声みたいなのが聞こえ、外を見たら誰も居らず、よく聞くと隣からの声でした。

 次第に「あっあっ…」「いくー」と聞こえ、隣のおばさんがオナしてると理解しました。私も、わざと声を出してシコシコしてると、途中でチャイムが鳴り、出るとワンピース姿のおばさんが。

「ねぇ、聞いてた?」「はい…」トランクスの中で完全勃起したままの状態で、おばさんは中に入り、「もうエッチの経験ある?」「実は、まだ…」「そうなんだ。おばさんが教えてあげようか?」

 もう、母親レベルの年上だろうが関係無く、童貞卒業したい、女性とエッチしたいというのだけで、興奮して、おばさんに抱き付きキスしました。「もう、慌てないで。中に入れてね。」

 おばさんはベッドに私を横たわらせ、トランクスを脱がせると、チンポをパクっと咥えてきました。今でこそ、それなりの女性に咥えてもらったものの、未だに一番凄い吸い付きで、あっという間に口で抜かれ、出した精液はゴックンされました。

 「今度は私のね。」といってワンピースを脱ぐと、垂れ下がったおっぱい、弛んだ腹で、普通なら醜いと感じるでしょうが、私はとにかくヤリたい一心で、おっぱいをしゃぶり、言われるがまま、おばさんのアソコを舐めました。

 おばさんも我慢出来ないのか、「入れて…入れて」と言って、私のチンポを導き入れました。「硬い硬い」「久しぶりチンポ気持ちいい」などと言ってたと思います。

 とにかく、おばさんの中もザラザラしてて気持ち良くて、すぐに中でも果てました。おばさんは、「おめでとう」といって抱き寄せキスしてくれましたが、私のチンポはまだ勃起したままで、続けて出し入れしたら、「凄い!」と言って感じてくれました。

 何発続けたか覚えてませんが、抜いたらおばさんのアソコの周りは、クリーム状の精液と愛液が混じりあったのが付着していました。

 以来、旦那が居なくて、講義の無い時間帯なんかは、卒業まで、おばさんとヤリまくっていました。そこから、ちょくちょく学祭などで訪問しては、おばさんとエッチしまくってましたが、

 私が妻と知り合い交際~結婚し、子供が産まれ、次第に訪問する機会も減り、直近が何年かは、年賀状のやり取りだけになりました。一昨年、旦那が亡くなったとの知らせを聞き、四十九日明けにお邪魔しました。

 真っ白な髪で、背も曲がり、すっかりおばあさんになってしまいましたが、仏前に手を合わせ、そのままおばさんを抱き寄せました。「もう、おばあちゃんだし…」

 と、言うものの、頬を触りゆっくり顔を近づけると、キスを受け入れ、以前ほど激しくは無いものの、ゆっくり交わり、何年かぶりに中に注ぎ込みました。

 久しぶりのセックスに、おばさんも満足げな表情を浮かべ、萎えるまで入れ、キスし続けていました。昨年は、GWとお盆、年末にお邪魔したんですが、もう流石にセックスは辛いと、キスとフェラだけに。

 それでも、顔に精液を受けた、おばさんは幸せそうな笑みを浮かべていました。


↓他のHな体験談を見る






Top Page

最終更新日 : 2020-11-30