トップページ - Hな告白や体験談ブログ

Hな告白や体験談ブログ

【18禁】女性のHな告白や体験談・男性のHな告白や体験談を掲載しています。

エロ出来るセフレが欲しくてほしくて

 どうも初めまして、セフレが欲しくてセフレのことを勉強しつくした、ドンセフレです。私の周りにはセフレがいるという人が二人いていつもセフレとの体験談を自慢される毎日。

 やれセフレはいつでも好きな時にセックスできていいぞ、やれセフレは今までできなかったセックスが出来るぞ、やれセフレは中出しし放題だぞ、といろいろ聞かされるわけです。

バイト辞める子に手をだした体験談

 バイト先で知り合った女の子がいた。仮にA子とする。当時、彼女は19だった。芸能人で言うと、北川景子に少し似てるかな。A子は俺に結構なついていて、いい先輩みたいな感じになっていた。当時、俺には付き合っている子がいたんだけど、

 A子がバイトやめるって時に「連絡先教えてください」って話になった。それからちょくちょくメールがくるようになって、このあたりで、俺の悪い心がささやいた。「ちょっと手をだしてもいいんじゃないか?もうバイト辞めるんだし…。」

若い女の子がバレンタインデーでアルバイトとは

 某飲食店でアルバイト(ホール+洗い等)をしている学生です。今日のシフトでは、女のコは私一人だけでした。他のコは皆、バレンタインデー=デートだったからです。

 ディナー開店の約30分程前に皆で“賄い”を頂いていた時に、調理長サンが『なんだ、今日は(女性は)みんな休みか・・お前は!?』とふって来ましたので私は、立場もなく俯きがちに「・・ぃぇ、私は」と答えたのですが『なんだ、揉んでくれる相手はいないのか?』だなんて、言われてしまいました。

牛丼ではなく男身寄りに尽きるエロの姉妹丼

 オレが服屋で働いてた時に常連だった女の子、まぁ仮称で美保としましょう。当時は彼氏とよく来ていたのですがある日1人で現われました。「あれ?彼はどうしたの?」と聞くと「別れた」と笑いながら美保は言います。

 まぁその愚痴を聞いてあげてたんだけど、なんせこっちは仕事中だったから店終わってから聞いてあげることにした。約束通りにその夜、ご飯を食べに行きました。美保は最初からオレと寝るつもりだったらしくホテルへと誘われ美味しいなぁと思いながら美保とやりました。

お詫びに体を提供してくれた人妻

 いまは引越したが、分譲賃貸のマンションに住んでいた事がある。分譲賃貸というのは分譲で売られたマンションを買ったオーナーが管理会社を通じ賃貸希望者に貸しだす。オーナーにとって、投資目的のマンションである。

 基本的には家族世帯が住むマンションで、3LDKとか2LDKとか一般的な間取りの物件が占めている。そのマンションの低層階にはワンルームの部屋があり、独身の俺はそのワンルームの部屋を借り住んでいた。

人妻は出会い系ではモテモテで嬉しい

20歳で結婚してもう10年です。子供2人(9歳と8歳)小学校に行き私も昼は暇な時間ができました。友達とたまにお昼を一緒にしたときに出会い系での浮気話が出て、私興味持っちゃったの。登録するとびっくり・・数十件、お昼に遊んで欲しいですって書いたから??

 25歳から40歳以上の人、メルを全部見てられなくて少しはなれた場所の人で年齢が同じ位の人、3人に返事を書いて写メをお願いしました。3人から2人に返事を書いてどんな人か知りたくていろいろ聞いて最後は一人、32歳で既婚の人でわりとイケメン(私好み)

女がお酒を飲み過ぎ意識がなくなるとやられっぱなし

 私が入社して一年ほどたったころのことです。当時誰とも付き合っていなく一人暮らしでしたので、クリスマスの日三連休の初日だったこともあり、普段飲まないお酒を飲みに一人である店へ行ったときです。お酒はあまり強くは無いのですがその日はなぜか、ビールを二杯飲んだだけで、意識が無くなりました。

 気が付くと、窓の無い小さな部屋で、籐の椅子に縛られて居ました。足を大きく開かされて服とスカートは付けていますが、あそこを隠すべき物は付けていません。顔のすぐ前にずり上がったスカート越しに毛が見えます。前の壁には厚いカーテンが掛かっており、後はコンクリートの壁です。しばらくするとカーテンが、ぱっと開きました。

寝苦しい夜に弟が私の性器を弄りました

 私は寝苦しい夏の夜など、よくノーブラでTシャツ、それに短パンの姿で寝入ることがあります。汗っかきな私にはその服装でも寝汗でびしょぬれになることもあります。その夜も寝苦しくて掛け布団も掛けず、ラフな姿で寝入っていました。

 しかし真夜中に急に重く暑苦しい感じが私を襲い、目を覚ました。しばらく頭がはっきりしないで自分の置かれた状況を自覚できませんでしたが、やがて弟の篤が私の体にのしかかっていることに気がつきました。