トップページ - Hな告白や体験談ブログ

Hな告白や体験談ブログ

【18禁】女性のHな告白や体験談・男性のHな告白や体験談を掲載しています。

旅館のアルバイトは何かとウフフですね

 昨年の末~2月頃迄、転職の間に少し気持ちを切り替えたくて、某旅館で住み込みのアルバイトをしました。そこは子宝に恵まれると評判の温泉でしたが、そこに付け込んだ冗談や冷やかし=セクハラ発言も多く受けました。

 男性だけの御客様で、特にその筋っぽい人達の部屋に伺うと「お姉ちゃん、ここの温泉は子作りに良いんだろ?」「要するに、ここの温泉につかると体が火照ってムラムラするんだよな」「それで一晩中オマ○コするんだろ」

先輩と私の男と女の人間交際の話

 学校帰りに部活のOBに声をかけられました。大学生になった先輩はさらに大人っぽくなっていました。たまたま見かけただけの私に、新しく買った車を見せてくれました。それに、どこかひと回りしてみようか。と少しだけドライブもしてくれると言ってくれました。

 少しだけドライブし、景色の良い高台で車を停めて話ているうちにキスされました。だめ、と小さく言えただけで、先輩の舌が私の舌を撫ぜると、腕の押し返す力が抜けてしまいました。

元請の担当さんに抱かれることでようやく仕事があります

 小さな会社ですが、親から譲り受けた商売をもう一度盛り立てようと、主人も職人のみなさんもがんばっています。私も辛いのですが、自分に手伝えることはこれくらいしかないと耐えています。

 担当の方は、私より3つ下でまだ役職にはついていないのですが、自分の範囲で仕事を回せるのでこちらにお願いしています。いままで4~5回お世話になったと思います。

女の営業職は見返りの品として体の要求が

 オフィスのコー○○○ーバー設置の営業をしています。大卒1年目の女です。小型の○ーバーを置いてもらうのに年に数十万かかりますが、福利厚生費として経費となります。

 会社の総務部の責任者の方にお話を聞いて頂くんですが、もろに見返りを要求してくる人がけっこういます。見返りとは、食事、お酒、いろいろですが、最終的にはホテルです。

美魔女教官はエロ好き者でイイ事しまくり

 数年前、俺が43歳の時の話だ。某大都市で行われたセーフティードライビング教室に何気なく参加した俺は、担当者が女性であった。とても話好きな女性で、教習中も運転そっちのけでよくしゃべる人だった。

 俺の評価は「ウインカーの点灯が遅い」以外は全て優良の評価をいただいた。名前は〇〇秀子さん。俺より10歳年上の53歳で独身。某自動車学校の教務課の課長だ。管理職だけあって、実技と講習の両方を普通車から大型車を一種・二種ともに、

エロ動画に知り合いの美人な奥さんが出ていた

 妻も相手にしてくれなくなり、セックスレスな毎日ですが、50を過ぎてもまだ精力は残っています。家でムラムラした時などは、スマホでエロ動画を見ながら1人で抜くこともありますが、

 見ている時よりも、検索していて自分の好みのシチュエーションや、女性に出会えた時が一番興奮します。今では若い子の身体よりも少し弛みの出てきた熟女の身体にいやらしさを感じます。

オナベのオフ会の参加者に純男がいた

 ホルモン注射を打ってて、完全男として生活しています。彼女もいて普通に生活してました。ある日オナベのオフ会に参加しました。そこにはなぜか純男がいました。オナベに興味があるらしくオフ会が終わった後飲みに誘われました。

 特に気にせずついて行きました。そこで色々話をして、ホルモン注射をしたらクリがでかくなる話をしました。純男はすごく興奮ぎみで… 見せてほしいと言ってきました。 迷いましたが、見るだけならと思い店を出て駅の個室トイレに入りました。

男から見たらもったいない女性のオナニー

 今日、男女共用トイレで、オナニーをしている女が居た。俺が用を足している時、和式トイレから「んっ・んっ・あっ・あん・」と声が聞こえたので、ドアに耳をあて聞いていた。

 俺は、誰かとやっているんだろうと思い、静かにトイレのドアから覗きこんだ。そしたら、足を便器にM字 に開き、バイブで自分のアソコを攻めてました。俺は、外で女を待ちました。そして、スッキリした顔で女が出てきたので、声をかけた。

訪問介護時のおじいちゃんのエッチ行為

 37歳のバツイチです。訪問介護の仕事を10年くらいしています。一人暮らしのお年寄りのお宅を一人で回っていると、セクハラしてくるおじいさんもたまにいたりします。エッチ雑誌買ってきてとか、お尻撫でてきたり、ヒドイ時は胸揉まれたり。

 最初の一年くらいは嫌でたまりませんでした。86歳になるすごいエロ爺がいて・・何度押し倒されてか・・股間押し付けて、正常位でしてるみたいに腰動かしたり。

職権乱用のおじさん体を奪われた告白

 今、大学3年生です。じつは解禁と同時に私の第一希望である某音楽関係に会社訪問に行きました。それも自分の熱意を伝えるため、何度も訪問し必死に名前まで覚えてもらおうと考えていたんです。

 そして先週、本社玄関前で私の父より明らかに年上の男性に声を掛けられ、近所のカフェに案内されたんです。なんでも自分は面接官や人事担当さえ決めることができる立場と豪語するんです。