カテゴリその他体験談 1/47

海外で私が期待した通り妻が黒い肉棒を

 インドネシアのリゾートホテルの部屋。ベッドで妻が現地人とプレーの最中。きっかけを作ったのは私。さんざん夫婦で酒を飲んだところで、男性のマッサージを呼び、ああだこうだとふざけながら妻をパンティ1枚にしうつ伏せの姿勢にした状態で、私は1時間の約束で部屋を出ました。 妻は多少私の意図を感じたようでした。で、約束を守らずに20分ぐらいでこっそり戻って覗いたのです。はなから、これが目的です。妻が白いガウン...

  •  -
  •  0

俺が勧める人妻とお手軽エロする方法

 平日の昼間に郊外のパチンコ屋に行ける方なら人妻とできる確率は非常に高いです。できれば自分のテリトリーから離れた地域の方が後腐れがなくてベターでしょう。 午前11時頃にパチンコ屋へ行ってみると客の半分近くは女性で中には、すでに2万円以上は注ぎ込んでいそうな主婦が青ざめた顔つきで台に向かっていたりします。...

  •  -
  •  0

セックス処理するのも仕事なんて

 自分は30歳のおとこです。仕事は授産施設で看護士をしています。普段の仕事は普通にするのですが、たまに特別な仕事があります。それは施設に入っている女性のセックスの処理の相手をすることです。 実は自分は童貞もそれで捨てて、セックスは仕事でしかしたことが有りません。セックスは週に4、5回します。うらやましいと思われるかたも見えると思いますが、結構ストレスがたまる仕事になります。...

  •  -
  •  0

何でもしますから助けてください

 僕が山間の診療所へ赴任してから、1年になります。この診療所には、入院設備があり、医者は僕だけなので、週末に代務医師がいてくれる以外の時間は、24時間束縛されたポケットベル生活です。 独身の僕は、官舎で1人寝です。スタッフは、22歳から48歳までの女性15人と27歳の男性2人です。こんな過酷な診療所では、医者は1~2年で逃げて行きます。村人もスタッフも不安を抱えながら、毎日、僕の顔色を見て仕事をし...

  •  -
  •  0

海外の秘境に住む裸族のSEX事情

 裸族の住む森へ、持てるだけの物資を土産に。俺は数年前、学者とこの地へ調査に訪れてその際に、原住民と仲良くなっており今回はある目的のために、この集落を訪れた。 この裸族の集落の女の子は発育がよく、可愛い子が沢山いる事を、前回の調査で把握しておりあわよくば、裸族の女の子と・・持参したお酒を持って集落の村長の家に。この家、総勢32人家族。内、食べ頃は5名w...

  •  -
  •  0