太目の女性達にムスコを好き勝手された体験談

 2週間まえにラインで知り合った女と会うことになった。実際顔は見せてくれなかったけど、エッチできるからと思って待ち合わせ場所に出かけた。白い軽が止まっていてその中で待っているということで車に近づいた。

「○○さん?」「ええ、どうぞ」車に乗ってみるとマスクをした少し小太りの女性がいた。自分のイメージとかなりずれてたけど、エッチできるからと思ってそのまま車で出かけた。

【PR】バレずにラクラク包茎矯正トレーニング!!男に自信がつきます。「PストッパーMサイズ」

 人気のない山奥に入ると、場違いとも思える場所にメゾネットタイプのモーテルが建っていた。そのそばに赤い軽が止まっていて、自分の乗った車がそのそばに停車した。すると赤い軽から2人の女が出てきてこっちの車のリアに乗り込んできた。

 ふたりとも、お世辞にもきれいとはいえない容姿の太めだった。それを見た後に運転席の女をみてぎょっとした。マスクをとったその顔は、乗ってきた二人に勝るとも劣らない、ブスだった。

「きゃーかわいい」「何歳なん?」「25?いいじゃん」勝手に会話をはずませながら、白い軽はモーテルの駐車スペースに止まった。引っ張られるようにして部屋に上がらされ、ベッドに押し倒されるように寝かされるとふたりがいきなり自分の両手両脚を握って大の字にされた。

 女の力とは思えないほどの怪力で、白い軽を運転してきた女が自分の横に座ってきた。「あんた童貞っていってたよね、じゃああたしらが男にしてあげるから、ありがたいと思いな」そんなことを言いながら自分のズボンのベルトを緩めてチャックを下ろし始めた。

 手足を動かそうとすると、手首足首を掴んでいる二人がきつく締め上げた。ズボンを脱がされ上着も引きちぎられるかもしれないと思う勢いで脱がされて、ボクサーブリーフと靴下だけにされた。

「リーダー格」の白い軽の女は自分の前で全裸になった。そして女が手首を握りつけると、腕を押さえていた女が全裸にその女が自分の太腿に乗っかると、脚を押さえていた女が全裸になった。

 白い軽の女は腕を押さえたまま自分の顔に乗っかり不潔なブスのアソコを顔に押し付けてきた。臭いと重圧と肉の塊でまったく見えない状態で、なにが行われているかは体が感じ取っていた。

 ブリーフを引きちぎりやがった女が自分の股間をしゃぶっているのがわかった。乳首やわきの下などにも温かい濡れたものが這うのがわかった。しゃぶられた経験がなかった自分は不覚にも勃起して早々に射精してしまった。

「早っ!」そして大笑いの声「飲んだわよ」「どんな?」「美味しいw」そしてまた股間に濡れたものが這い上がり手で扱く圧力を感じてまた勃起、こんどは直ぐに射精しなかった。

「若いからすぐ元気になるのね」「搾り取っちゃえ」そんな声が聞こえると、こんどは舌とはあきらかに違う湿り気がペニス全体に覆いかぶさってきた。入っているのを理解した。

 前後に動かしているのか肉棒と亀頭が締め付けられ痒みに似た疼きが股間から脳天に走った。それにあわせて、顔に乗っている女も腰を動かしてきた。つんと鼻を突くにおいのする液体が垂れてくるのがわかったが逃げられなかった。

 女たちの叫び声や喘ぎ声が耳から離れることはなく、生暖かい股間の圧力に耐え切れず射精した。ゴムをつけてなかったことを射精した瞬間に気づいたがどうすることもできなかった。

 股間にのった白い軽の女の股間が急に早く顔を擦りつけ、温かい液体が顔をぬらした。そのとき、自分の置かれているすべての状況を完全に理解して、抵抗をあきらめた。

 そういう行為を女たちは代わる代わる自分におこなってきた。何回射精したのかもうわからなかったが、最後は出るものも出なくなり意識は朦朧、2回くらい漏らしたかもしれない。そのまま意識が飛んでしまった。

 気がついたら、バスルームにいて3人に抱えられるようにして自分の体を洗っているようだった。でもペニスにはしっかり食いついていて、そこでも何か出したようだった。精液も出なくなっていたが透明なものがでていたように思う。

 結局6時間、搾り取られるだけ搾り取られ、女たちからは「最高だったわ」の賛辞を受けたが、こっちは最低だった。その後、お礼とかいって2万円ほどくれたが。

 童貞をすてる目的は達成されたけど、しばらくの間ネットで相手を探すのが怖くなってしまっていた。情けないのは、最低のセックスを強要されたにも関わらず、それを思い出すと勃起することだ。

 ペニスは最高に気持ちよかったのは事実だが、太目の女性を見ると今でも恐怖を覚える。もうデブスはやだ ・・・

↓他のHな体験談を見る




ホームへ