酔い潰れて公園でベンチに座っていた人妻

 去年の忘年会帰りの出来事。酔いを冷ましに、繁華街から少し離れた公園に行きました。公園の奥にあるベンチと、トイレを目指して、歩いてました。木々の茂みの方から、ガサガサと音がして、よく見てみると人影です。

 人影は屈んだ格好で、何かをしている。またまたよく見てみたら、屈んでいる下には女性らしき人影が見えました。俺は、ヤバイ事をやってると思い、「コラッ。何やってんだ!」叫んだ。とたんに走り出して逃げ出した。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 近付いて良く見ると、女性が寝ていた。スカートはだけていて、ショーツは膝の所まで下げられていた。俺は女性を起こす様にして、「大丈夫ですか?」と聞いたが、訳が分からない事を言っていた。

「何処まで帰るの?」と聞いても、返事がない。このまま放って置けないと思い、立たせて、ショーツを戻してから、抱き抱えるようにして、ベンチまで連れて行った。女性は40歳過ぎた位の女性ですらりとした体型だった。

 薬指には、指輪がある。ベンチまで運んで、ベンチに座らせたが、左右にフラフラしていた。何を聞いても生返事、仕方なく抱き抱えて歩き出して、歩きながら、
「送って行こうか?」
「うん。」
「送るから家何処なの?」
「家には帰りたくない。」

 俺はどうしたら良いのか?
「何処かで休んで帰る?」
「寝たい。ベッドで寝たい。」
「それじゃ、ホテルで休んで帰るか?」
「うん。」公園を出て、タクシーを拾った。

 そして繁華街近くで降りて、女性を抱き抱えて、ホテルに入った。部屋に入って、女性をベッドまで運んで、女性を寝かせようとしたら、女性は俺の首に手を回して、

「良いよ。」俺はえっ?と思い、「旦那さんと勘違いしているの?」「旦那じゃ無いと分かってるよ。」「抱いて良いのか?」「来て、抱いて。」そして俺は夢中で女性にムシャブリ付いた。

 そしていよいよ挿入の時、俺はコンドームを着けようとしたら、
「着けなくて良いよ。」
「大丈夫なの?」
「微妙かなぁ。」
「もしできたらどうするの?」
「できたら、旦那に押し付ける。」

「本当に良いの?」
「良いから、そのまま来て。」
そしてなまでセックスした。

 終わって、
「帰ろうか?」
「帰りたくないから、一緒に居て欲しい。」
「旦那さん。心配してると思うよ。」
「良いの、帰りたくない。」泊まる事になった。帰るまでに3発。人妻さんに中出しは興奮しました。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ