友人のマッサージに変な考えをもった体験談

 最近、初めて実家を出て一人暮らしを始めたところ、高校からの友人二人が引越し祝いにとうちに遊びに来てくれました。普段デスクワーク中心の生活の為、肩こりや腰痛にひどく悩んでいるという話題から友人の俊夫が「マッサージしてやるよ」と肩をゴリゴリしはじめました。

 俊夫はいい奴だけど、触られるのは嫌でした。しかし、このマッサージ思いのほか気持ちが良く肩こりがかなり解消。聞けば昔、練習会等に参加し猛練習した事があり、今でも職場の先輩のご機嫌取りにこの技を使ってるとの事。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 俊夫「腰もやってやるから横になれよ?」と言われましたが、この時はスカートだったので遠慮しました。友人「んじゃ私にやって~」もう一人の女友達にマッサージを開始しました。

 俊夫は既に結婚しており2児のパパ、歳は私と同じ31歳。とにかく面倒見が良くて仲良しグループの中でも人気な奴だけど、少しオタクで少し不潔。私はあまり好きになれませんでした。

 という私もこの歳で独身、彼氏もなく人生開き直ってる人の文句を言えるような女ではないですが・・・女友達に急な呼び出しがあり友人「ごめーん、夜戻るけど遅くなりそうだったら連絡するね。」と言い残し出て行きました。

 暫く俊夫とゲームをしてたら、また肩が痛くなってきたので、私「ちょっと休憩。肩こってきた」俊夫「またマッサージしてやんよ」とマッサージをしてくれました。俊夫「腰も辛いんでしょ、してあげるって」

 と言われ、肩も腰も触られるのは一緒と思い、横になって腰のマッサージを受ける事にしました。痛みもありましたが、かなり気持ち良く効いてる実感が伝わってきます。しかし、それとは別に違和感も感じました。

 腰のすぐ下のお尻のほっぺ部分もゴリゴリ・・・私「そこはいいよ。。。」と拒否しましたが、ここも重要なんだと止めてくれません。マッサージを受けてるうちに、お尻を触られてる事に抵抗を感じなくなってきたのですが

 どんどん下にいき、フトモモやふくらはぎまで手が伸びてきました。生足なので、直接触れる事に抵抗を感じつつも、とても気持ち良く、足やおしりのマッサージを続けてもらいました。

 次に仰向けになるように言われフトモモの表側をグリグリ。これもすごい気持ち良く、スカートが邪魔と少し捲られたが、私「見えないところまでなら・・・」となすがままでした。

 段々と手が上に上がってきて、付け根に接近。付け根付近をグリグリされてる間に、スカートが捲くり上がり下着が見えてしまいました。恥ずかしかったので、すぐに戻したのですが、またすぐ見えて・・・

 俊夫「もう見えちゃったし、隠さなくていいよ」と冷静に言われ、わかったと答えてしまいました。付け根付近のグリグリが続いた後、腰のマッサージに移り俊夫「楽になった?また近いうちしてあげるよ」と言いながらマッサージが終了しました。

 正直、勢いで陰部も触られるんじゃないかという不安もありましたが、冷静に考えたら妻子持ちなのである訳がないですね。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ