ミニスカートを満喫しているおやじの告白

 私を含めて12人の小さな会社を経営している30代後半のおやじんです。人事採用関係は私が全てしていましたが、そろそろ従業員も10人以上になってきたので、今年の春先に中途採用で50代手前の人事経験者を雇いました。

 童顔という歳ではありませんが、見た目は40代前半か30代後半で、小柄で普通体型、気が利くし物静かな人で、面接時からなぜかミニスカートなのですが、そこも気に入り採用しました。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 私は毎朝6時半には会社に来て、会社で朝食を食べています。その後たまにエロ動画をみたりもしますが・・・人事で採用した仮でAさんとしおきますが、Aさんは朝が早く、他の社員が早出出勤でなければ8時くらいに出勤するところ、彼女は7時前後に出勤してきます。

 初出勤の日にそんなに早くに出勤してくるとは思わず、朝食を食べてから久しぶりのエロ動画を見て満喫していたら、彼女が突如現れ、慌てて音量をOFFにして事なきを得ましたが、朝の挨拶をする為に私のデスクに来ました。

 フル勃起状態の私は慌てますがデスク前では無く横に来られ、彼女は深々と頭を下げて「おはようございます」と挨拶し、言葉に詰まりながらも返事を返しました。頭を起こすとき目線は完全に私のチンコでガン見しており、顔が紅潮していました。

 初出社当日にしまったと思いながらも、もうどうしようもないので開き直り、隠す事無く普通に喋っていますが、目線を話すことなくちんこを見つめる彼女に違和感が芽生え、OKなのか?と思ってしまい、彼女と二人っきりの時に勃起ちんこを見せています。

 また、彼女のデスク近くに行く時は、椅子に座る彼女の横にしゃがみ話しをするようにしている為、スカートの短い彼女の脚や隙間を満喫しています。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ