援希望の女子大生はエロに興味津々な体験談

 とある都市に単身赴任していた時のお話です。赴任して半年もして単身赴任に慣れて来た頃、冷やかしで入っていた出会い系で援希望のJDへメールをしてみました。

 JDと言えば娘と変わらぬ世代、返事は来ないだろうと思ってましたが「クンニが大好きで1時間でも2時間でも満足するまで可愛がります。」というフレーズに反応して返事が来ました。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 メールでは「そんなに長くできるんですか?」「どんなクンニするんですか?」等、興味津々の様子。そこで「興味があったらいつでも声をかけてね。」と返信をすると、既にメールで興奮したようで午後8時を過ぎていましたが直ぐに会うことに。

 待ち合わせ場所に着き、車の駐車位置と車の特徴をメールして数分、小柄な可愛い女の子がこちらに向かってきました。若い女の子とは風俗でも遊んでいるのですが、風俗の女の子とは雰囲気が全然違っていて少々緊張。

 助手席に招き入れて挨拶もそこそこに近所のラブホへ直行。家族と同居しているということでそうゆっくりは出来ないということで急いでお風呂に入って早速ベットへ。

 彼女の要望もあり部屋はほぼ真っ暗の状態でしたが、暗闇に浮かぶ白い若い肌を堪能しつつ彼女の股間へ移動。そこは、既に洪水状態。若い女性の香りを楽しみつつ、ゆっくりと時間をかけて丁寧に可愛がりクンニで逝く事を教えてあげました。

 後日聞いて知ったのですが、クンニに物凄く興味はあったけど、今までは体験したことが無く、どうしても体験たくて出会い系を使ってみたとのこと。男性経験も数人でほとんど経験が無かったようです。

 結局1時間ほど快感を堪能してもらって、ゴムを着けて発射して終了。初日ということもあり、彼女も少々ぎこちなかったけどそれなりに満足できたようです。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ