会長の可愛がっている女は会社のお局様

 前に勤めていた会社には、会長(ワンマンの)に可愛がられているという、お局の独身エロババア(30代後半ぐらい)が二人いました。こいつらは会長を傘に、ろくな仕事もせず喫煙室に入り浸り、ただし会社の飲み会だけは先頭きってバカ騒ぎ。

 社長はともかく、専務以下は、クン付け、年下は呼び捨て。でもみんな頭にきていても、会長が怖くて我慢していました。そんなある日の飲み会の時、珍しく二次会をパスしたと思ったら、俺を呼び出し、もう一軒行くから「お伴」をしろと。



 俺は子分じゃねぇと思ったが、ボーナス前だったので、我慢して付き添った。しかし連れて行かれたのは、なんとラブホテル。一応、フロントの奥にサロンのようなカウンターのバーも備わっていたんだけど、そこはスルーで「部屋で飲もうよ~」と3人で部屋に入り、ルームサービスを注文。

 俺は、ずっと心の中で「飲むだけだよな・・・」と心配していたんだけど、その心配は当ってしまった。乾杯が済むと、二人は「私が先でいいんだっけ?」とかいう会話。やっぱりか、そっちか・・・とうつむいている俺の腕をガシッと掴むとバスルームに引っ張っていかれた。

「いっしょにシャワーしよう!」さすがに俺も度胸を決めて「ちょっと、こういうのはマズいでしょ、やめましょうよ!」と拒んでみたが「へぇーアンタがその気なら○○さん(会長の名)に報告するだけね。業務命令が聞けないって!」

 俺は、おいおいこれが業務かよぉーと思ったが、観念しちゃいました・・・恥ずかしながら。結局は、順番なんか関係なく、二人掛りで3Pのような状態。マグロになってやろうと思っていたんですが、あっち舐めろ、こっち舐めろと注文も多く、マジで奴隷のようでした。

 しかし、シャワー浴びて洗ってるはずなのに、二人ともマ●コが臭いこと臭いこと。ほんと参りました。その臭いのせいでチンポが萎えているのに、「若いのに元気ないのね」って。

 しかしもう何も言い返す気力もなく、最後はフェラで勃起させられ・・・勃起してしまった自分も情けねぇなぁーと思いつつ、騎乗位で1回ずつやらされました。翌日、会社の先輩からは、彼女たちの行為は

「発情期」と言われ、誰も口には出さないものの周知のとおりだったらしく「悪夢だと思って忘れろ。ボーナスもらうまでは我慢しろよ」と慰められましたが、過去には、ボーナスを待たず辞めていった人もいたそうです。

 俺は勿論ボーナスをもらってから、オサラバしました。

↓他のHな体験談を見る

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

ホームへ