会社の同僚の愚痴を聞く流れでやっちゃいました

 世間は10連休ですが、うちの会社は当初のカレンダー通り。とはいえ、大半はここぞとばかりに有休取って、事務所は開店休業状態。でも、逆に取引先からの電話は無く、この3日間で溜まっていた仕事が結構片付きました。

 ついでに、社内不倫相手の加奈(28歳)も出勤。一昨年結婚したものの、いざ結婚したら旦那とは合わないところが見えてきたようで、飲み会の後で2人きりで2次会となった時に彼女の方から愚痴が出て、その流れでやっちゃいました。



 それ以来、ちょくちょく都合をつけては密会を繰り返していました。今日も、半日で終わらせ、どこか行こうかと思ってたのですが、昼食の後、他に出勤してたのが半休取り帰ったので、加奈と2人きり。

 ちょっと変わったシチュエーションでしたいと言ったら「ちょっと待ってね」と言って、近くのフロアまで確認しに行って「大丈夫そう。ね、しゃぶってあげる。」と言って、私のズボンとパンツをずらし、咥えてきました。

「気持ちいい?」「うん、いいよ。加奈のフェラ、いつも上手いから。」「あなたのチンポが美味しいから・・」ほんと、加奈のフェラは気持ち良くて、最初は口だけでイカされます。ゴックンした後に、

「ねぇ、入れて。」「でも、ここじゃ・・」「いいとこあるよ、来て。」別館の屋上に上がる階段。建屋自体、入れる人がIDカードで限定されており、私は特に用が無いのでセキュリティー登録してないので入ったことはありませんが、加奈は仕事上行き来する部署があるので、ピッと当てて一緒に中に。

 様子を伺いながら上に上がり、外へは施錠されているので出られませんが、まず行き来するようなところでは無いので、扉前で加奈はワンピースを脱ぐと、既に下着は着ていなくて、靴のみの全裸に。壁を背にしてもたれ、自ら指でアソコを拡げ

「ねぇ、舐めて。」私は座って加奈のアソコを舐め、ビクビクしたところを後ろに向かせ、バックからゆっくり挿入。「いい・・チンポいいの・・」「今日も加奈のアソコ、ヌルヌルしてる・・気持ちいいよ」「うれしい、もっとして・・」

 緩急付けながら、最後は「出る・・口に出すぞ。」「うん」私がペニスを抜くと、加奈は座り口を開けて、精液を出されるのを待ちます。私は加奈の口の中に射精。ゴックンした後、加奈は私のペニスを舐め上げました。

「気持ち良かったぁ・・」と言いつつ服を着て、降りて行く途中「ちょっとトイレ」と言って私の手を引き、一緒に女子トイレに。加奈は便座に座り、私の方に股を拡げて見せ

「ねぇ見て。」と言って、私に放尿を見せていました。事務所に戻り、適当なところで一緒に退社、また連休明けにしようねと言って別れました。

↓他のHな体験談を見る

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

ホームへ