FC2ブログ

Hな告白やHな体験談ブログ

女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています【18禁】

Top Page › ◆男性の告白・体験談 › 人妻・不倫の体験談 › 人生最後の不倫女性との熱い緊縛凌辱な体験談

PCマックス

2022-01-24 (Mon)

人生最後の不倫女性との熱い緊縛凌辱な体験談

 10年前、一人娘が高校受験で、43歳で支社に単身赴任になった。高速道路がない赴任地と家は、車で2時間かかったから、金曜日に定時に帰れそうもない週は、家に帰るのを諦めていた。

 その代わり、帰宅したときは妻が気を失うほど抱いた。赴任先には、俺と同い年の純子というバツイチ事務員がいた。35歳で前夫に若い女ができて離婚、女手一つで育てた息子は高校3年で大学受験だった。



PR 管理人お勧め(^^♪
 俺は時々、純子の息子の受験の相談を受けていた。息子は東京に出たいとそうで、費用は前夫の慰謝料と養育費があるから賄えると言った。俺の娘が高校合格した。

 純子の息子も大学良に合格して上京し、赴任2年目は純子が一人になったことで、俺と純子の不倫が始まってしまった。純子は潤んだ目で俺を見て、身体を預けてきた。

「君と一緒になることはできないけど、せめてこっちにいる間は」
「分かってます」

 純子は妻より華奢で、抱き寄せると骨っぽかった。女陰は8年間使用されていないから、妻より3歳年上だが綺麗な女唇をしていた。久々のクンニなのだろう、ズブズブに濡れて、女豆責めに逝きかけた。

 フェラに恥じらいつつも、丁寧に男根を舐めた。生で入れると、パチュパチュと愛液の音を響かせながら、8年ぶりの男根に悶えた。中には出せないので、ヘソのあたりにたっぷり出した。

 次第にセックスの良さを思い出した純子は、どんどん淫乱になっていった。ついにはピルを服用しだし、中出し精液にまみれるようになった。ほとんど毎日のように、俺のアパートか純子の家でセックス三昧の日々を送るようになった。

 そして、決して妻にはできない、軽めの緊縛で純子を喘がせ、その恥辱の姿を鏡に映して、純子の被虐心を刺激した。緊縛凌辱という異常な性愛と中出しセックスは、お互いの心と身体を惹きつけ、

 俺が妻の元に帰る日は、純子は涙ぐむようになった。俺と純子は、間違いなく愛し合っていた。俺のもう一つの愛の暮らしの話題には、絶対に触れずに過ごした。

 俺の単身赴任は4年で終わった。赴任2年目から始まった純子との不倫は、3年で幕を下ろした。
「この関係が、ずっと続くとは思ってなかったけど、いつかはこんな日が訪れることはわかっていたけど」
「純子、俺」
「ごめん、困らせちゃうよね。大丈夫。さよなら」
「俺の人生最後の恋が純子で良かったと思ってる。ありがとう。さよなら」

 6年前、大学進学で家を出る一人娘と入れ替わるように、俺は妻の元に戻った。そして、単身赴任だった時間を取り戻すように、妻を抱いた。
「え?今日もするの?」
「二人きりの時間を楽しもうよ。」

 そう言って、休日は朝っぱらから妻を抱いた。先週、6年ぶりに前の赴任地だった支社に出張した。4年間暮らした懐かしいアパートを横目に、支社へ向かった。そこに、53歳の純子はいなかった。

 帰り、純子の家の前を通ってみたが、表札が変わっていた。純子は、この街から消えていた。考えられるのは、東京の大学を出た息子が東京に就職し、純子を呼んだってことくらいか、純子は幸せでいてくれるかな?

 人生最後の恋人、純子の幸せが気がかりだった。

↓他のHな体験談を見る






Top Page

最終更新日 : 2022-01-24

Comments







非公開コメント