Hな告白やHな体験談ブログ

女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています【18禁】

Top Page › ◆男性の告白・体験談 › セクハラ・痴漢・レイプ › 福祉施設で職権を乱用している告白談
2021-12-06 (Mon)

福祉施設で職権を乱用している告白談

 私は○賀である福祉施設の施設長をしている。毎年数回に分けて多くの学生の保育実習を受け入れている。もちろん、施設長の立場を利用して、学生は女の子のみ。

 私の施設では実習は10日間の泊まり込みで缶詰状態で実習を行っている。10日間ともなると、洗濯を施設で行うことなる。そこで私は「洗濯は毎日、女性職員がまとめて行うので各自名前の書いてある洗濯カゴにいれて所定の場所に出すように」と連絡した。



PR
 所定の場所とは施設長室の裏にある棚。そこには施設長室からドア一枚で行くことができる。1日目の実習が終わり、学生たちは入浴を済ませ、実習日誌に精を出す。

 そんな中、私はというと学生たちが入浴後に持ってきた洗濯カゴの中身を撮影していた。汗の染み込んだシャツやキャミに興味はない。興味があるのは、学生たちの秘部を包んでいた下着のみ。

 学生たちが献上品のように持ってきた洗濯カゴの中から下着をとりだし、履歴書の写真と見比べながら匂い、色、味を楽しむのだ。実習初日といこともあり、トイレに行くことを我慢した学生もいたようでおしっこくさく、

 黄色で、しょっぱい下着の学生もいれば、おりものがべっとりとついた下着の学生もいる。この楽しみがあと9日も続くと考えると、楽しみで夜も眠れない。

 最後の洗濯の日、私はある張り紙を棚の前に貼った。「実習生の皆様へ。女性であるため、下着を尿で汚してしまったり、おりもので汚してしまったりすることは仕方がないことです。

 しかし、今後女性として汚れた下着は自分で手洗いした上で洗濯に出すようにしましょう」と。窓から張り紙を見た学生を見ていると顔を真っ赤にしてカゴから下着を抜き取り、外の洗い場で一生懸命汚れを落とす姿が見られた。この興奮はたまらない。


↓他のHな体験談を見る










Top Page

最終更新日 : 2021-12-06

Comments







非公開コメント