Hな告白や体験談ブログ

【18禁】女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています。

Top Page › ◆男性の告白・体験談 › 社会人の体験談 › 秘湯の混浴露天風呂の人妻達は隠さずご開帳
2021-01-31 (Sun)

秘湯の混浴露天風呂の人妻達は隠さずご開帳

 平日に淡い期待を抱きながら、混浴へ出掛けた。車がすれ違うのもやっとの道を進み、秘湯と言われる一軒宿に到着し日帰り入浴を楽しむことにした。

 早速、露天風呂風呂に向かうと、全裸の熟女が湯船を歩きながら、友達らしき人と会話をしているようだった。紳士面しながら「こんにちは」と声を掛けると、ビックリした様子で湯舟に体を隠したが、にこやかに挨拶を返してくれた。



PR
 岩陰から友達も顔をのぞかせたが、小さな露天風呂で二人だけだったからか、タオルも巻かずに入浴を楽しんでいるようだった。見たところ2人とも40代といった雰囲気だった。

 脱衣所は男女とも同じで、風呂から目隠しもなく、着替えも丸見えであったが、湯舟に背を向け、そそくさと服を脱ぐことにした。二人の熟女は、ひそひそ話をしているようだったが、内容までは聞き取れなかったが、振り向くと二人とも私の脱衣姿を見ていたようだった。

 とりあえずタオルで前だけ隠して湯舟に浸かったが、湯舟は5人でちょうど良いくらいの広さしかなく、2人の近くに入るしかなかった。タオル巻きOKの露天風呂だったが、2人とも全裸のまま入浴していた。

 そうしたら、さっき裸を見られた人妻から「さっき見られちゃいましたね」と声を掛けてきた。はっきりと目も合っていたので、嘘をついてもしょうがないので「はい」と返事とした。

 ずば抜けて美人ではないけど、どこにでもいる主婦といった雰囲気だが、Eカップはあろうかと思われるロケット乳と手入れがされていない剛毛は、一瞬で脳裏に焼き付けることができた。

 最後にもう一度、お風呂に入ろうということになり、部屋の浴衣を着て、混浴に向かいました。パンティは濡れてしまったので、2人とも裸に浴衣を着ていました。

 部屋から出たとき、駐車場を確認しましたが、車は増えておらず、お客さんは私たちだけのようでした。お風呂ではお互いに洗いっこをし、勃起もしましたが3回戦とはなりませんでした。

 ひとみさんがアナルも好きだと言うことにびっくりしたことを言うと、元々はかなさんが好きでひとみさんを開発したことが分かりました。ただ今日は途中から3Pになったので、かなさんのアナルはお預けになったようでした。

 部屋に戻ると服や下着、おもちゃが散乱していましたが、きちんとおもちゃを洗い、帰宅の準備を始めました。私は2人の下着が欲しいとお願いをしたら「へんた~い。」と言われながらも着替え用の下着を持ってきているということで、

「記念にどうぞ。」とシミがべっとり着いたパンティと、セットのブラをもらうことができました。すっかり打ち解けた私たちは連絡先を交換し、また会うことにしました。今度はこちらもいろいろと準備をして楽しみたいと思っています。


↓他のHな体験談を見る






Top Page

最終更新日 : 2021-01-31