Hな告白や体験談ブログ

【18禁】女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています。

Top Page › ◆男性の告白・体験談 › 社会人の体験談 › マンションの隣人の美人妻は昼間からSEX
2021-02-02 (Tue)

マンションの隣人の美人妻は昼間からSEX

 もう十数分で、正午を迎える8月上旬の暑い日だった。しばらく前まで隣の空き地から聞こえていた子供達の声も聞こえなくなり、家に帰ったみたいだった。

 いまこの時、子供たちが夏休み中の母親たちは、声をあげて子供を食卓に呼び、楽しい昼食が始まろうとしていた。しかし,〇〇マンションの515号室はそのような雰囲気とは程遠かった。



PR
 部屋は明るく、エアコンはほど良い冷気を出して快適なコンデションだったが、8畳ほどの広さを占める応接室の敷物の上では体格の良い男が、美しい顔立ちの女性を組み敷いて、自分の性器を女性のオマン〇に挿入し、緩急をつけて動いていた。

 それと同時に形の良い、やや小ぶりの乳房をもみながら、デープキスを繰り返して唾液の交換も行っていた。「ああ、もう止めて。これ以上私をいたぶらないで。 今だったら、誰にも言いませんから、もうやめて下さい。」

 途切れ途切れに言う女の声は、しかし誰が聞いても快感に苛まれているように聞こえた。「う、いけません。それ以上動かないで。アッ、アッいけません、止めて。」「たか子さん、これからですよ。

 でも、今のあなたはなんて色っぽいんだ。素敵だ。たか子さんは誰より素敵だ。愛してるよ、たか子。好きだ、好きだ、たか子。」 俺はさらにピッチを上げてたか子さんの身体を貪った。

 しかし、俺はたか子さんと一つになってから、今まで経験した数人の女性と違う感覚に包まれていた。言葉では上手く言い表せないが、あえて言うとたか子さんの身体と一体になったとき、

 たか子さんの身体からとどまることなく、甘美な物質が俺の身体に注入されてくるようなそんな感覚だった。「アァ、良い。何なの、気持ち良いよ。私、おかしくなちゃうよ。こんなの初めてだよ。もう動かない、デ。ア、良い。」

 たか子さんは、俺に動かないでといいながら、その言葉を裏切るように、自分の腰を俺に激しく打ち付けてきた。「こんなの初めて、怖い、ね、イクヨ、イッチャウヨ。」たか子さんの膣が痙攣をおこしたように震えだした。

 膣全体が、俺のチンポを締め上げてきた。『来る』俺はたか子さんが俺に送ってきた快感の波を全身に浴びたように感じた。例えようのない、全身を震わせる甘美な贈り物。その贈り物に勝るものはない。

「アー」たか子さんは長く叫んだ。俺のチンポから、たか子さんの身体が細かく震えているのが伝わってきた。「セックス、てこんなに気持ちが良いんだ。知らなかった。」独り言のようにポツリとたか子さんが言った。

 多分、俺は今旦那さんがこれまでに与えた以上の快感を与えたのだと思った。しかし俺は、たか子さんに精を放っていなかった。俺はたか子さんの甘美な強烈すぎる締め付けを耐え忍び、快感が通り過ぎるのを待っていたのだ。

 20歳のころ、彼女と別れた俺は、勉強とバイトで気を紛らわせようとしたが、その時知り合ったのが良枝さんだった。良枝さんは、最初は母親のように俺に接して、手練手管を使って俺を篭絡した。

 気が付いた時には、俺は良枝さんの友達2人も入れて4人でセックスを日常的にすることになっていた。良枝さんには、セックスだけじゃなくて別のことも教えられたが、ある時良枝さんは俺に、

「好きな人妻と出来ることになっても、自分の女にし続けたかったら、危険日かどうか考えるのは当然だけど、安全日でもすぐにザーメンを出したら駄目よ。女が逝く前に自分だけ逝くのは論外だけど、人妻と一緒に逝くのも駄目だね。」

 と言ったことがある。俺は一緒に逝けば2人の距離が縮まって良いのではないかと言ったことを覚えている。「普通の夫婦ならね。でも、人妻ならね、それじゃ弱いんだよ。

 人妻だって、旦那に隠れて別の男とセックスするんだよ。危険を冒しているんだ。見つかったら離婚に慰謝料なんだよ。それでももし不倫したいんならそれに見合うものが必要だろ。

 旦那よりちょっとセックスが上手いだけでは駄目なんだよ。逝ったことのない人妻を逝かせても、まだ弱い。さらに攻めて、人妻が訳の分からない所に追い込んで初めてその人妻は、自分の女に出来るの。

 勿論、家庭を壊す素振りは少しでもしないこと。純粋に、女性としてのあなたを愛していると人妻を安心させることも大事だよね。そうすれば、その人妻とはきっと長く付き合えるよ。

 マサト君が好きになった人が人妻で、長く付き合いたいと思ったら、最初が肝心だよ。頑張って、人妻の身体を盗るんだよ。」と言ってくれた。俺は最初ゆっくりと動き出した。

「え、何、もうやめて。ね、十分だから。ああ、」たか子は俺のチンポが固いことに改めて気付いたようだった。『最高の快感をあなたに贈るよ。夢の中で快感の波に揺られているような、そして、一生忘れられない思い出をあなたに贈るよ』

 俺は心の中で誓いながら、ちゅう送を行った。最初のうちは喘いでいたたか子さんの声も小さくなり、夢の世界を漂っているようだった。


↓他のHな体験談を見る






Top Page

最終更新日 : 2021-02-02