Hな告白や体験談ブログ

【18禁】女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています。

Top Page › ◆男性の告白・体験談 › 知り合いとの体験談 › 生徒会長は優等生な女の子なんだがどMな体験談
2021-01-20 (Wed)

生徒会長は優等生な女の子なんだがどMな体験談

 生徒会役員で、優等生の女の子に告白され付き合っていた事があります。顔もスタイルも悪くなく、色々お願いすると叶えてくれる最高な彼女でした。しかもどM。

 下着フェチの俺のためにJKで見せ、ブラや紐パンを着けてきてくれたこともあります。あとで知りましたが、俺が初めての彼氏で年上だったこともあって背伸びしていたそうです。



PR
 そして彼女にわざと「その下着は校則違反じゃないの?」など恥ずかしがる事を聞きながらエッチを楽しんでました。「誰にも見られてないし、私の下着なんか誰も見ない」と話す彼女に

「気付かないうちに絶対に見られてるよ。それじゃあ見られるか試してみる?」という感じで学校帰りの公園の階段でM字で座らせてパンチラを晒したりもしました。

 俺が大学生になり、彼女がアパートに泊まりに来るようになると制服姿で初オナニーさせたり、ノーブラにポーカーだけ着させて出掛けたりもしました。

 学生でお金もないため、よく出掛けたのは商業施設とオフィスが一緒になっているビルの非常階段で、本当にたまにスーツ姿のサラリーマンが通る程度。

 本番までは無理でしたが彼女の胸を揉んだり、相変わらずたまに通るサラリーマンに現役JKのパンチラを見せつけて楽しみました。覚えてるだけで純白、ピンク、オレンジのパンツを計五回は見せたと思います。

 見せた後は決まって、同ビル内の男子トイレで下着姿にして立ちバックでしてました。一度だけ立ちバックで挿入中、普段は人が使わないトイレに男性が入って来て焦りましたが、彼女の感じ方がいつも以上で俺も興奮しました。


↓他のHな体験談を見る






Top Page

最終更新日 : 2021-01-20