Hな告白や体験談ブログ

【18禁】女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています。

Top Page › ◆男性の告白・体験談 › 社会人の体験談 › 若い俺が縁あって婦人会会長の熟女と
2021-01-15 (Fri)

若い俺が縁あって婦人会会長の熟女と

「中は駄目よ!絶対駄目!外に・・嫌!・・イク!・・」先週、昼下がり池袋のラブホでの節子さんとのSEX。お互いに久しぶりで、僕は彼女の身体を貪りました。

「タカシ君ごめんなさい、主人が明日帰って来るの」
「だからキスマークも遠慮してもらったのよ」



PR
 節子さんとご主人は、僕の母と同級生なんです。家も近所で同じ町会に住んで小さい頃からの顔見知り、ご主人のSEXは淡白で早漏。「もう何年もおまんこ舐めて貰っていないの・・・」

 去年、初めて節子さんとの性行為。場所は浦和IC沿いのラブホ、節子さんは悲鳴に近い善がり声で僕のクンニを受け、愛液でシーツを濡らしました。また節子さんはフェラが上手なのには驚き、

「私も生娘で主人と一緒になった訳じゃないのよ一通りの7~8人の男と経験はしたわ」節子さんは小柄で細身、乳房は垂れて乳首が大きい三段腹で陰毛は薄く、お尻は意外に張りがあります。

 僕がお尻を褒めた時の会話で「初めての男に後ろも姦られたの、色々と仕込まれたの」節子さんはフェラをしながら時々笑顔で話されました。池袋のラブホでは途中コンドームを装着。

 バックスタイルで激しく腰を使い節子さんは絶叫、節子さんは暫くベットに、僕は浴室「まだ時間があるわね・・何か動画ないかしら」二人でソファーに座り動画鑑賞、節子さんが好みの還暦熟女シリーズ20分程見ていた時です。

「タカシ君、ベットに行きましょう・・・」節子さん僕に念入りなフェラをはじめ僕は夢心地「お願い・・・タカシ君」節子さんはデカパンツを脱ぐと僕を押し倒し、おまんこを顔に近づけシックスナインを要求。

 ホテルを出るともう薄暗くなっていました。来月の約束をして別々の路線で遠回りですが帰宅しました。


↓他のHな体験談を見る










Top Page

最終更新日 : 2021-01-15