会社に何をしに出勤しているのか?

 今週から、リモートワークから一部緩和されて、水曜日以外、出社しました。とはいえ、会社の事務系の大半は、まだリモートワーク継続中。出社してるのは我々のような、現品を取り扱う部門の一部のみで、社内はまだまだ閑散としたもんでした。(大方2割の出社)

 長かった在宅から明け、同様に出社していたのは、隣の課の麗さん。5つ年上の40歳の中〇生のお子さんがいる人妻です。ちょうど朝の電車が一緒で、話ししながら会社に入り、普段ですと制服に着替えますが、

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

麗「人少ないし、このままでいいよね。」私は上着だけ羽織り直して仕事を始めました。席は少し離れてますが、他に人がほとんど居なかったので、話してても声が通ります。

 10時過ぎ、午前の休憩時間になり、麗「ちょっとコービーでも飲みにいく?」とお誘いされ、自販機コーナーへ。その前に、トイレ行くと言うので、それぞれトイレに入りますが、私はそこまで尿意が無く、入るフリして前で待ってました。

 女性トイレは男性トイレの奥にあり、それぞれ入り口ドアがありません。なので、中の音が聞こえまくりで、麗さんは放尿中も水を流さなかったので、オ〇ッコのジャージャー出る音、ウォシュレットで洗う音などが丸聞こえでした。

 カラカラとトイレットペーパーを出す音が聞こえて、私は忍び足で先に自販機コーナーに向かいました。2分ほどして麗さんも来て、一緒にコーヒー飲んでましたが、麗さんはシャツの下は胸元の谷間丸見えなタンクトップだったので、ついつい目が行ってしまいます。

 それに気付いたのか、麗「もう、何じろじろみてんのよ~」と言いますが、手で隠そうともしません。
私「いやぁ、いいオッパイしてるなぁと思って。」
麗「もう・・・やっぱり男の人ってオッパイ好きだよねぇ。」
私「それに、そんな恰好してたら、どうしても見ちゃいますよ。」

麗さんは手で少しシャツを拡げ自分で見ていました。私は更に、

私「そんな服だと、指で引っ張って降ろしたくなりますね。」
麗「もう。セクハラよ。これ以上はダメだからね。」
私「でも、誘ってません?隠しもせずに、ずっと見せつけて。」
麗「だから・・・もう。。。」

 一向に隠す素振りが無く、タンクトップの谷間のところに指を伸ばしていきますが、唇を噛み締めてジッとしており、何も言わないので指を掛けます。それでも手を払わず、私はゆっくり下にずらしていきます。オシャレなブラが半分見え、

私「いいの?訴えたりしない?」
麗「今日だけよ。」
私は両手を使って、ブラも少しずらし、片乳の乳首を出し、指でコリコリ摘まみました。
麗「ん・・・ん・・・」

と感じているようで、更に近づき吸い付いたり甘噛みすると、麗さんも私の頭を抱き抱えました。5分くらいして、
私「そろそろ休憩終わりましょうか。」
麗「えっ?もう・・・」
私「続きは、またね。」
麗「はい・・・」

戻って仕事を再開しましたが、互いに意識して、チラチラ見合っていました。お昼になり、他の社員は外に食事に。私はコンビニ弁当、麗さんは自作の弁当だったので、一緒に休憩室で食事。
私「旦那とは、してるの?」
麗「もう何年もレス。」
私「不倫とかは?」

麗「う~ん・・・秘密(笑)」
私「そっか。」
麗「絃君は、彼女とかいるの?」
私「今はちょっと。前はいましたけど。」
麗「へぇ~、そうなんだ。」

 彼女とは言っても、ほとんど出会い系で知り合った人妻セフレばかりで、ほとんど変態調教済。写真見せてやろうかと、他サイトにアップしていた写真を見せました。普通の2ショットとかと思ってたんでしょう。

 見る前は、人に彼女の写真見せるのか?というような複雑な表情でしたが、いざ露出や緊縛の写真を見せると、麗「えーー!ちょっと・・・」と驚いた表情に。私「こういうのしたことあります?」麗さんは大きく顔を横に振りました。

 残り時間が少なくなり、私「ちょっと立ってみて。」麗「う・・・うん・・・」私は麗さんのスカートの中に手を入れ、生足でしたので麗さんのパンティーを一気にずりおろし、足を上げさせ脱がせました。

 柄はブラと同じ、セットのものでした。クロッチ部分は、少しオシッコ臭と、ヌルっとした汁が付いていて、
私「なんだ、これ。帰りまで預かるから。」
麗「えっ、恥ずかしいよ・・・」
私「いいね。」
麗「は、はい・・・わかりました。」

 戻って、仕事再開しましたが、恥ずかしいのか、こちらを見る事なく、しかし顔が少し赤くなっていました。4時くらいに、他に出社していた人は、もう仕事無いからと早退していき、フロアに私と麗さんの2人きりになりました。

 私は麗さんのところに行き、スカートの中に手を入れてアソコのチェック。すると相当濡れていて、出して指先で伸ばし、
私「もうこんなに濡れてんじゃん。」
麗「・・・」

 私は再度手を入れ、中に指入れして、ゆっくり動かしました。麗さんは唇を一文字にして我慢しているようでした。Gスポットを念入りに責め、しばらくして更に濡れてきたんで、ちょっと早く動かすと、麗「ダメーーー・・・」

 と、小さく唸るように言いながら、ハッと言って身体をビクっとさせ、大きく息をしました。私「イッた?」麗さんは黙って、大きく頷きました。こっちも興奮して、ズボンの中でチンポがパンパン。

 椅子に腰かけ、ズボンとパンツをずらして麗さんに見せると、黙って咥えてきました。オフィスに2人きりで、人妻にフェラだなんて、AVで見たようなシーンが現実に目の前で。すっかりギンギンになって、麗さんをデスクに手を突かせ、バックから挿入。

 ゆっくり出し入れし、感じるツボを探り、反応のいいところを徹底的に突き続けると、麗「だめ・・・もうダメ~・・・」と言って、温かいものが。イキながら、お漏らししてしまったようでした。

 ちょっとじっとして、再度出し入れし、
私「そろそろ出すぞ。」
麗「今日ダメ・・・外で・・・」

 と言うので、射精前に出し、麗さんを座らせて口を開けさせて、口内に出しました。ちょっと困った顔をしていましたが、私「飲めよ。」と言うと、数秒してゴックンしていました。
私「初めてか?」
麗「うん・・・」
私「どう?」
麗「あんまり美味しくないけど・・・でも興奮したかも。」

 預かっていたパンティーを返し、服を着直して、机のお茶で口を軽くゆすいで、私の上に座って抱きついてキス。定時になり、一緒に退社しました。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ