社長夫人と過ごした淫乱すぎる夜の告白

 その時の奥様は完全に狂っていました。「ねえ、もうあたし・・・イキそうよ~、いくわ~~~、ああ~~っ」泣き叫ぶような声を口走りながら、甘美な陶酔のうねりが肉体の芯に熱く噴き上がり、エクスタシーで身体はわなわなと震えていました。

「むご~ぉ~っ・・・お、お~~っ」目の玉がグルリと裏返り、宙を彷徨っていた両手が落下しました。涙を流し、鼻水を滴らせて、口からは泡を吹いて、オルガスムスを極めています。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 僕も思わずに、ザーメンの銃弾を子宮口めがけて、ぴゅっぴゅっとスペルマを吐き出すと、がぶ飲みするように膣肉を締めあげ、随喜の涙をにじませて、僕の背中に爪を立てていました。

「私狂ちゃったみたいよ。ねえ死にそうよ~、ああん来る~来る~、来てるよ~」片手でベッドのシーツを引っ掻いて、紅潮した顔を左右に激しく振ってよがります。

 最初は今年の正月の社長邸での、新年会の出来事から始まります。僕は42歳で、ある大手の製薬会社の営業部長です。ここ社長宅は港区の白金で、400坪の中に洋館造りの古いお屋敷でした。

 社長は55歳で、婿養子で、奥さまは僕と同じ42歳で、昔はさぞかし素敵な美女だったでしょう。新年なのに半袖の薄いカシミアのVネックのセーターで、胸元からは大きなメロンを双つが見えて、割れ目は真っ白で、黒い淫わいなホクロが見えました。短めのスカートも薄く、中が見えそうです。

 来客は全員がドキッとする長谷川京子似で、少し年齢を増して大柄にさせた様な奥さまでした。皆はその奥さまが会長の実の長女で、隠れた経営者であることを知って居るようです。

 巨乳好きの僕は視線が胸元から外れません。相手の奥様もそれを感知したらしいのです。眼と眼が絡み合い、目で誘惑されていました。新年宴会は午後の2時から、40名の部長以上で始まり、

 お手伝いさんが数十人働いて、お食事やお酒を用意してありました。ビールで乾杯の後は無礼講で、僕はギンギンに冷えた大吟醸酒をコップで飲みました。傍に奥さまが来ていて、そっと囁きます。

「今度ちょっと外で会わないかしら、後で掛けてね」と携帯の番号と、メルアドをそっと手渡されました。僕もその後で携帯の番号をそつと手渡しましたが・・・・。その日は何事もなく、午後の6時ころには終了しました。

 帰ろうと地下鉄の駅まで行くと、僕の教えた携帯に電話があり「これから会えないかしら、銀座の4丁目で待っていて」と突然のお話でした。7時に銀座の三越デパートの前で待っていると、毛皮のコートで奥さまが悠然とお見えになりました。

 早速、最高級なお寿司屋「三木」に連れていかれました。「私はお食事していないから、お付き合いして下さいな」最初から熱燗で日本酒をコップ酒でぐいぐいと飲まれました。

「君は主人のKO大学の後輩なんだってね、おまけにフェンシングなどというマイナー競技をしてた様ね」と言います。「フェンシングは堂々たるスポーツで、オリンピックでも有るんですよ」と言い訳を言いました。

 夜の10時になり、「じゃあ帰るからタクシーで家まで送ってよ、その前にちょっと寄るところがあるから」といって、赤坂を目的地にしました。そこで降りると、目の前には有名な高級ラブホテルがあります。芸能人や歌手がお忍びで遣うかなりお値段の高いホテルです。

「ここでいいでしょう」と腕を取られて、1時間1万円の大きな部屋を指名してキーを貰いました。エレベーターの中で、もう猛烈な勢いでキスの嵐です。もちろん社長夫人を相手ですから、ペニスに言い聞かせても、物凄く張り切って勃起しました。

 部屋に入るとお風呂にお湯を張り、直ぐに全裸になります。身長は165㎝、バスト88㎝、ウエスト61㎝、ヒップは91㎝あります。Dカップで整形をしているのか、乳房はまだ張り出し、ゴム毬のように湯に浮かんでいました。

 秘毛も奇麗にカットしてあり、ヴィーナスラインがくっきりと覗きます。オッパイも美しく円錐の形を保ち、朱色に染まった乳輪の中心で、乳首が踊るように跳ねていました。

 僕の下腹に着きそうなほどの硬直棒を、指で掴み手前に引きながら、ぽってりした唇にフェラティオで飲み込みました。「君のチンポは大きいね、まるで浮世絵並みの太さだよ」ぎゅんぎゅんと口で締めあげます。

「奥さまそんなことされたら、直ぐに発射しますよ~~」直ぐにお風呂から上がり、ウオーターベッドに飛び込みました。シックスナインの形をとり、奥さまの秘割れしたラビアを舐め出します。

 彼女も僕の陰茎を口に含み「まるで、本当に笠ハリ松茸ネ」花唇に挿入させて舌先で、ズぼっと湿った音を立てて吸い付きます。奥さまのヴァギナはもう蜜塗れで、複雑な淫肉を合わせ目の奥の、ピンクの真珠をちゅうちゅうと吸いました。

「もう入れてよ」奥さまの身体の中に入りました。温かくぬめった快楽の通路に、逞しく勃起した男根が分け入り進みます。深々と官能の芯をえぐられ、彼女の勝気な美貌が淫らに歪みます。

「すっぽりと納まって、すごく気持ちがいいよ~」啜り泣きが始まり、ねっとりと甘美な吸引で引きこみ、内部で吸盤のように密着して、くちゅくちゅと淫らな音を立てます。

「ひいいいっ、もうダメよ~~、もう、もうイっちゃうよ~、イクイクイク~ッ~~~」「アナタも一緒にイってよ~~~」弾みをつけてピクンピクンと送り込むと、奥さまの狭隘な構造はそのたびに、きゆっきゅっと収縮します。

 丸い乳房を握りしめて、ピストンを続けると、いきり勃った肉棒が痺れて痙攣して、溢れるようにスペルマが膣の奥深くに、白い刻印を刻み付けました。直ぐに抜き去り膣に指を入れて、精液を掻き出すと「もう更年期で中に出してもいいのよ~」と言いました。

 そんな事があって以来、週一で呼び出されて性行為を続けています。42歳の奥様の淫乱な夜は、ますます激しくなりました。55歳のご主人は、社長ですが完全に勃起不全で、全く夜の営みが無いらしいのです。

 婿養子ということもあって、知っていても奥さまの、少し羽目を外した行為には目を瞑っているようです。最近の彼女はかってなら周囲の目を意識して、躊躇していた自らの欲望に歯止めが利かなくなっています。

 毎日のように、携帯のメールが入り、ゴルフ、麻雀、食事、カラオケなどに誘います、Okすればその後には性行為が待っているのです。親友の女性の奥様にも「彼のアソコは馬並みなの、日本の男性では見たことないわよ、

 私がニューヨーク大学に留学していた時に、試したアメリカ人のアソコより立派なのよ」とゴルフ場で平気で話します。「まあ一度お相手したいものだわねぇ」と他の奥様が言いますが、本当に迷惑な話です。

 彼女の家は江戸時代から漢方薬を扱い、時代とともに製薬会社に変わったのです。女系家族で、彼女も3人姉妹の長女です。まあ何でかというと、膣の締まりがよく、いわゆる”ミミズ千匹”なので、男性は膣に入れただけで、

 直ぐに射精をして、彼女たちがイク前に子宮に精子が流れ込むので、女性が生まれやすいのです。それと斜視で、ロンパリなんです。何とも色っぽく男性は自分に気があるように見えて、誰もが誘うのです。その上に88㎝のDカップの巨乳ですから、男性は全員が可笑しくなるのです。

 彼女と付き合って思ったのは、自分が世界各国の精力剤、媚薬を集めていて、それを自分も服用するし、相手にも飲ませたり、陰茎に塗ったりするのです。{MAGNA-RX}などという精力剤は、24時間は勃起状態が続くし、女性は何時間でも性交OKなのです。

 他にも{No.エクスタシー}などという女性用の媚薬を膣につけて、しまくるのです。それこそ何回でもイキ狂います。僕は大学生のころから、陰茎が大きすぎて女性とそのようなホテルに行っても、僕の勃起した一物を見ると「体調が悪くなったので帰る」などといつも振られていました。

 巨根というのは世間では持てる様に言われますが、本当はまるでダメなんです。女性のアソコは産道というくらいで、約25㎝のペニスでも入る筈なのに、皆さんが怖がるのです。僕は18㎝しかありません。だけど松茸マラで見た眼が怖いらしいのです。

 膣は本当は普段は扁平になっていて、ほら孔ではないのです。性交をする気分になって初めて開くので、見た目で太く大きい陰茎は嫌われるのです。でも奥様はアメリカの大学生の時に、向こうの2m近い男性の性器を挿入しているので、僕ぐらいは平気らしく、「いいよ~、すごいよ~、イクヨ~~~」と平気でよがります。

 若い頃、江戸時代の学者で貝原益軒が「性交はしてもいいが、欲求を満たさずに射精を控えるように」とあります。僕もそれに習って、オルガスムスを迎えても、射精を控えています。

 ところが奥さまはそれに気づき、ハードフェラでチンポを咥えて、口の中に精液を出させるのです。これには困っています。仕事にも影響が出始めますし、妻の夜の営みにも影響が出て、最近はあまり出来ず妻は怒っています。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ