海の家でのバイト仲間のビキニ姿の甘い思い出

 夏になると大学時代を思い出します。地方から東京の私大に入学しまして、あるサークルに入りました。勧誘していた一学年先輩の小倉優紀(仮名)に一目惚れしたからでした。

 笑顔が可愛くて、巨乳を想像させる胸の膨らみにクラクラしました。その小倉優紀さんからバイトに誘われました。親戚が民宿の営んでおり夏は稼ぎ時らしくて、私と同期の井原に声が掛かりました。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 海に遊びに行く気分になれて、小倉さんの水着姿を拝めるかも・・と了承しました。民宿と海沿いの出店をローテーションで賄いました。予想を遥かに超える重労働でヘトヘトになりましたが、出店担当の小倉さんを眺めると癒されました。

 水着にTシャツの時は太腿全開を眺めて、たまに小倉さんがTシャツを脱いだ時はツルツルの脇、可愛いへそなど普段見れない部分を見れてムラムラでした。やはりビキニから見える胸の谷間と、少しはみ出る乳房に勃起でした。

 民宿の一室を私と井原に宛がわれて、優紀のビキニを思い出してはトイレに駆け込みオナニーでした。月~日の1週間があっという間に過ぎて、翌年も誘われました。

 優紀のビキニを拝む為にまたしても了承。優紀のビキニで隠されている部分はどうなっているんだろう? 推定85センチのあのビキニの中にはどんな色と形の乳輪と乳首が潜んでいるのか?

 ビキニの下はどんなヘアなんだろう? 若いですから毎夜、優紀のビキニ姿とビキニの中を想像してオナニーでした。大学で普通に服を着ている優紀を眺めては優紀の肌を想像した。

 でも肝心なアソコ見れないまま・・など勝手に萌えていました。そして、優紀が大学4年、私が3年の夏。優紀は春に就職が決まり今年が最後のバイトでした。優紀のビキニを見れるのも今年が最期か・・と少し感傷的になりました。

 井原は彼女が出来て二人で旅行に行くとかで、バイトの参加は私1人でした。バイト最終日の夕方、「帰るの1日延長して遊ばない?来年は社会人だし来れないかもしれないから・・」とまさかの誘い。当然OKです。

 バイト先から少し離れたビーチに行きました。スカイブルーのビキニの優紀は可愛くてムラムラしました。出るところは出ていて、お腹回りはへっこんでいてグラビアアイドルみたいでした。

 二人でバナナボートに乗った時、珍しく高波が来て二人は海にドボン! 先にボートに乗った私は「優紀さん!大丈夫?笑」優紀さんの手を引っ張りました。「何?笑・・あの波?笑」優紀さんの上半身が見えて来ました・・

 ビキニの右側が大きくズレて乳房の露出面積が拡大!!更に優紀さんが体を動かすとなんと!! 右側の乳輪が見えました!!薄い茶色・・やや大きめ!!「あ!」私の声と視線で乳輪はみ出しに気が付いた優紀!

「あ!ダメ!」必死にビキニを直す優紀!!!「見えちゃった?」「は・・はい・・」やっと知った優紀のバストトップの色!!

「あ~ん!並木君に見られた~!苦笑」
「やっと見れました。笑・・」
「参ったな・・でも並木君ならいいか・・笑」
「出来ればもっと見たい!笑」
「も~!調子に乗り過ぎ!苦笑」

 そして次の瞬間バナナボートの後ろに乗った優紀が「並木君!後ろ向いて!」「何ですか?」優紀はビキニをズラして右側の乳輪と乳首を全開にしていました。「あ!」ほんの5秒の事でした。

「並木君が私のビキニをチラチラ見ているの3年前から知ってたし・・3年間バイトしてくれた特別サービスだよ・・」あの魅力的なビキニの中を見れた喜びで勃起の嵐でした。

 その後、進展はなく優紀は卒業して行きました。あれから3年です。いまだに優紀の乳輪と乳首を思い出し
オナニー三昧です・・

↓他のHな体験談を見る




ホームへ