人妻社員のストッキング越しのつま先フェチ

 32歳会社員です。営業部主任として数字に追われる独身男です。去年の定期異動で松山早智子(37歳・人妻)が営業部の事務員として配属されて来ました。私から見たら美人でした。

 事務員なのでお洒落なスーツではなく制服でした。スーツ組と比べると地味かも知れませんが、松山さんの膝下のストッキングに包まれたふくらはぎは非常に魅力的で、室内サンダルから見えるストッキング越しのつま先はたまらなく美味しそうでした。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 そう・・私は足フェチ、ストッキングフェチ男です。松山さんの足を見るのが一服の清涼剤でした。そのうちに松山さんが履いているストッキングが欲しい・・松山さんのストッキング越しの足を触りたい・・舐め回したい・・となりました。

 夜は会社で眺めた松山さんのストッキング越しの足を頭に浮かべてオナニーが日課でした。そんなある日、たまたま部長と私と松山さんで食事となりました。

 人妻で子どもがいる松山さんは滅多にアフター5に付き合う事がなく、なんかウキウキしました。部長が接待で使う個室の料理屋へ連れて行ってくれました。

 乾杯して30分後に部長のスマホに緊急の用事の連絡が入り、部長は慌てて店を出て行きました。個室で松山さんと二人きりで緊張しました。松山さんのアルコールのピッチがかなり早く「子供が出来てから外で飲むなんて久しぶりだから・・」と陽気に酔っ払っていました。

 トイレから帰って来た松山さんは「ごめん・・ヤバい・・フラフラだよ・・少し休ませて・・」個室で座布団を枕代わりにして寝入ってしまいました。その時、私の心に悪魔が降臨しました。

 膝丈のワンピースを着ている松山さんに近ずき・・そっとストッキング越しのすね部分をタッチ。そして魅力的なふくらはぎをおさわり。やった!遂に触った!感動の勃起でした。

 室内サンダルから見えてるストッキング越しのつま先が目の前です。私は鼻先をつま先に宛がいました。つーん!とくるなんとも言えない香ばしい匂い!松山さんの匂いか・・やっと知れた・・!

 ここまで来たらやっぱり・・フレアスカートのワンピースなのでめくりやすく、ストッキング越しの太ももを堪能!そして・・ストッキング越しのパンティ!!薄いスカイブルーのパンティでした。

 こんなの履いてたんだ・・ストッキング越しのパンティは艶かしくたまりませんでした。写メでばっちり撮影!このスカイブルーのパンティの中に松山さんのオマンコがあるんだ・・

 しかし、料理屋の個室でパンティを脱がすのはリスクが高過ぎで流石に止めときました。これが精一杯でしたが、私を虜にしている松山さんのストッキング越しの下半身を見て触れて萌えでした。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ