異性との出会いって不思議ですねHまでいくなんて

 それは突然の出会いでした。人生どこに出会いが落ちているか分かりませんね。私は日本とある国との親善協会に入っています。金曜の晩に会合と英語勉強会が開かれました。

 終わってから、12人ほどで近くの居酒屋に行きました。楽しく飲んで食べて、みなで駅に向かって歩いていました。横にいた女性と話していました。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 私が「私は口直しにスコッチ軽く飲んでから帰ります」と言うと、「私もご一緒させて頂いていいかしら?」私は快諾し、二人でスタンドバーに入りました。

 会合でも飲み会でも彼女は話をしていなくて、自己紹介から。私は30歳で既婚の営業マン、彼女(Kさん)は25歳のOLで最近入会し、今日初めて会合に参加したそうです。会のことやその国のことで盛り上がりました。

 ずーっと私のことが気になっていたそうです。Kさんは酔ってきたのか、私にもたれかかってきました。
「ところで、Kさん、趣味は何ですか?」
「セックス~~…」
「特技は?」
「フェラチ~~オ…」

 冗談か本気か不明です。「じゃあ、同じ趣味同士だね、セックスしよか」出会ってから実質1時間ですよ。ホテルで、Dキスから愛撫へ、小ぶりな胸が可愛い。

 特技のフェラは確かにねちっこかった。いざ挿入しようとすると、Kさんは「上になっていいでしょ?」知り合ってわずか2時間、騎乗位でお互いの快楽をむさぼっていました。

 上下、左右、前後にグラインドする腰、さすが趣味がセックス、すごい乱れ方、心からセックスに心酔していました。めくるめく快感が押し寄せてきました。果てました。

 2回目はバックで果てました。「趣味というだけあって、さすが、すごいね!」「あなただっで、十分エッチよ」それから月に数回会って、趣味の楽しんでいます。1回目は必ず騎乗位です。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ