女の人に声を掛けられたが多分人違いの体験談

 五反田の駅で夜10時に雨やまないかな? って待ってたら 傘をさした女の人がよってきて”●●やさんですか?”てっきり、ナオヤさんって言われてるものと思って「そうだよ」って話すと、

「よかった。さびしかったの。このあたり詳しいですか?」ってきくから、もしかしてテレクラの待ち合わせ? こんな可愛い子が? と思って、黙って「こっちにいこう」ってひっぱってホテルにつれていったんだ。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 ホテルに入ると、「言われたとおりに、脱いできました」って、自分からミニのスカートたくし上げて下着をつけていないのを見せるから、「いやらしいな。もう濡れ濡れじゃないか」

 クリトリスを指でつまんでぐにゅぐにゅすると「あああっ。恥ずかしい、だめえ!」それだけで彼女は僕にもたれかかってきたんだ。マゾだなって思った瞬間に、僕のいじめが始まった。

 あそこに指をゆっくりと入れて、クリトリスをいじりながら、彼女の服を脱がせていって裸にしながら「乳首までたっていやらしいな。おまんこぐちゃぐちゃだぜ」

「あああっ 恥ずかしい だめえ もう力が入らない…」腰をひくひくさせて僕の指の動きにあわせてるんだ。「ぐちゃぐちゃのあそこに何が欲しいんだ」なんて言いながら指で攻め立てた後、

 おまんこの奥に指先でかりかりしながら、こんどはクリトリスにキスして、舐め始めた。じゅるじゅるって音立てるように。

 それだけで彼女は腰を僕の顔に押付けながら、「ひっ。ううううっ。いくううう」いっちゃったんだよ。そのままぐったりとしたんで、生のおちんちんをあそこにこすり付けてクリトリス押付けると、あそこからどろどろの愛液がたれてきて「あっ、あっ」

 もう彼女のあそこが我慢できなくなったみたいで、腰を微妙にもちあげておちんちんをぬるうーっていれていくんだ。「だめだろ? ゴムつけないと」って、引き抜くと「いやあ。もうしてえ」って僕のおちんちんをつかんで入れようとするんだ。

 生で犯したかったけど病気も怖いのでちゃんとゴムつけて、指にもゴムつけて、腰を両手で持ち上げて、おまんこの入り口から奥までずぬりって入れたら「はあうううあ」

 それだけでいっちゃってさ。いくと身体というか腰だけがびくびく痙攣するから面白くなって、がんがん突いた。もちろんクリトリスを指でいじりながらね。

 簡単に3回もいっちゃったから、今度はバックからいれて、お尻をもみしだいた後、ゴムの付いた指をお尻にいれたんだ。「いやあ! らめええ! おかしくなる」指の進入だけでいっちゃってさ。

 そのあと30分にわたっていやらしいピストンを繰り返して狂った彼女に、「生でいれてやるよ。気持ちいいんだろ? どこにだされたい?」

 彼女はもう分からなくなってて「中に出してエ! 中がいいの! おねがひ」って言ったまま、ぱたって倒れたんだ。気絶しちゃってね。しょうがないから繋がったまま5分くらい待ってると、気が付いて、「ごめんなさい」

 最後はお口で飲んでもらったよ。彼女も半年くらいHしてなくて行き過ぎて腰砕けになっちゃっててさ。最後お風呂に入ったときに、耳元で「知らない人に声かけて出会って15分であそこつながっちゃったんだよ。Hだね」

 なんて言いながら、クリトリスいじると「いやあ、いわないで」眼をうるうるさせて「ゆるして」我慢できなくなってお風呂でバックから犯しちゃったよ。生でね。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ