何方からも無く我慢できずに彼の実家でSEX

 彼は28歳の公務員、私は25歳の保育士、交際を始めて2年がたち、結婚話もちらほら。そんな私たちは、先週の土曜日、1泊2日の予定で彼の実家に行きました。初めて会うご両親や、初めてのご実家にもうドキドキでした。

 ご両親とおじいさん、おばあさん、彼のお兄さん(30歳)が迎えてくれました。そして、2時間くらい話しこんだ後、彼の思い出の場所を巡ったり、お墓参りをしたりして、夕方の6時に再び、彼の家に行きました。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 すると、大変なことになっていました。父(55歳)、母(53歳)、おじいさん、おばあさん、彼の兄(30歳)、彼(28歳)、妹(27歳)、弟(25歳)、弟(23歳)、私(25歳)と勢ぞろいだったのです。

 それもみ~んな実家暮らし(彼以外)彼だけが実家を出ていたようで、久々に帰ってくる&女を連れて帰るということで、時間厳守でみんな帰ってくるように家族命令が出ていたそうです。

 大家族での夕飯…、手が出せませんでした…。食後、片づけを手伝おうとしましたが、お姉さんに「お客さんはゆっくり座ってて」と言われ、それも手伝えず。なんとなく気まずいまま、リビングでみなさんの話を聞いていました。

 そして夜も更け、お風呂をいただいて彼の部屋で一緒に就寝。緊張した~etcと話しながら、おやすみのキスをしたら、反対にスイッチが入ってしまったみたいで、だんだんキスが激しくなってきました。

 舌を絡め、だんだんディープに、そして、キスはどんどん下へ。私もちょっとエッチな気分になったけど、ここは彼の実家…。まだ、冷静な自分がいました。

 さっき、彼に部屋を聞いた時、2階に彼の部屋があって、その右隣が兄、左隣が上の弟、向かいに妹と下の弟の部屋があって、1階に祖父母の部屋、そして、彼の部屋の真下辺りが両親の部屋だと言うのです。

 ってことは、今、ここでエッチをすれば、みんなに丸聞こえ?!エッチの中身もバレバレってことだと思ったんです。だから、「今日はマズイよ。やめとこう!」と言ったんだけど、一旦、エッチモードに入った彼をとめることはできず、彼は私を求めてきました。

 パジュマを剥ぎ取り、パンティーだけにされた私。彼は全部脱いでいて全裸。もう、目的は…エッチだけ。キスが胸におりてきて、乳首やオッパイを吸い、舐め、転がしていきます。

 もう片方の手は、あいているオッパイを激しく揉み、私はオッパイ攻めに。もともと、オッパイの感じる私は、我慢しきれず声を上げてしまいました。と同時に、オマンコは一気に潤い、エッチなお汁があふれ出して、クチュクチュ音を立て始めました。

「もう感じてるの?いつもより早いんじゃない?」といいながら、彼はパンティーを下ろし、私の足をM字にして思いっきり広げ、顔を埋めて舐め始めました。

 既にクリがぷっくりしていたようで、私がどれだけ感じているかを知った彼は、大胆にも、いきなりクリを攻めてきました。ジュルジュル音を立て、お汁に吸い付く彼。

「あ~~~ん…、んん…。ダ、ダメだよ~~~。ああ~~~いい~~」声にならない声が出てしまい、私も本気でエッチモードに。彼のチンポを探すと、もう硬く反り返っていたので、シックスナインに体勢を変え、彼はオマンコを、私はフェラをしました。

 余りにも気持ちよくて、チンポを咥えていられないときもありました。いつの間にか、我慢せずに喘いでいました。絶対に丸聞こえ…。その時、「ガタッ」と音がしました。隣か向かいか、どこかの部屋からです。

「物音が聞こえるくらいだから、俺たちのセックスも、聞こえてるだろうね」と彼。改めて言われても、分かっていても、もう止められなくて、「ねぇ、入れて…、チンチン入れてよ…」とおねだりしてしまいました。

 すると、「じゃ、最初は自分で入れてごらんよ。いつもみたいに」と言われ、騎乗位で彼のチンポを握って、自分のオマンコに導きました。ゆっくり腰を下ろすと、彼のチンポが子宮までゆっくり達したのが分かりました。

 そのタイミングを見計らったように、彼は腰を動かし始めました。私の中のチンポが下から子宮をグングン突き上げています。それがはっきりわかって、余りにも気持ちよくて、「イイ…、ああ~~~ん、いいよ…。すごい…、奥まで来てる…」なんて叫んでしまいました。

 彼の動きはどんどん激しさを増し、私のオッパイもプルンプルン揺れまくり。実はIカップあるもので、その揺れはハンパじゃないんです。彼は下から手を伸ばし、そのオッパイを揉みはじめました。

 感じるところを全て攻められ、気が狂いそうに気持ちがよかったです。というところで、彼はフィニッシュ。もちろん、生で中出しです。そのまま彼の身体に倒れこむと、今度は彼が上になり、チンポを抜かないまま、キスをし、オッパイを揉みはじめました。

 数分で硬くなり始める彼のチンポ。中で大きくなるのを感じました。更に数分後には、ピストンを始めた彼。そのタフさにいつも驚かされっぱなし。

 で、そのまま正常位で存分に突きまくられ、バックに体位を変えて、再びピストン。バックも、思いっきり子宮まで感じちゃって、私は喘ぎまくり。2回目はバックでフィニッシュ。

 ここでようやくチンポを抜いてくれたので、ホッとしていたら、「舐めて」と彼。「もしかして、まだするの?」って聞いたら、「まだやりたい…」といって、私の顔を自分の股間に優しく導く。

 私がチンポや裏筋、玉を吸ったりしている間、彼はオッパイを優しく愛撫していました。しばらくして、再び反り返った彼のチンポ…。パイズリを楽しんだり、チンポで乳首を愛撫したりしながら、立ちバックを要求してきた彼。壁に両手を付き、後ろから一気に挿入してきました。

 最初はオッパイを揉みながら、ゆっくりめに大きくピストンして感じあっていたのですが、あまりに気持ちよくして、イキそうになったらしく、私の腰に両手をあて、高速ピストンを始めました。

 パンパンと二人の肌と肌が激しくぶつかり、エッチな音が響きます。更に、オマンコからはジュルジュル、ピチャピチャ、ヌチャヌチャとこれまたいやらしい音が響き、私の喘ぎ声も合わさって、エッチは最高潮。

 手を突いていた壁は、お兄さんの部屋の向き。「兄貴には丸聞こえだな」と彼。違う…。絶対、みんなに丸聞こえだ…。その後、フィニッシュして、夜は3度のセックスで眠りました。

 翌朝、身体がモゾモゾするので目が覚めました。彼がオッパイを舐めながら、オマンコを指で愛撫していました。「実家だといつも以上に興奮する」と言って、求めてきました。そして、カーテンをあけ、朝日を浴びながら、エッチが始まりました。

 もうどうなってもいい! と思った私は、彼が求めるがままに、身体を委ね、朝からも3度、エッチをしました。時計は8時を過ぎていました。

「おやよう。よく眠れたかい?」とお父さん。(心なしかニヤニヤしていたような…)
「もう、お父さんったら…」とお母さん。(やっぱ聞いてたんだ…と実感)

 朝食をいただいて、散歩にでかけました。そこで彼の妹が、(妹でも私より年上)「お兄ちゃんって、いつもあんなに求めてくるの?」と耳元でコソッとささやいた。やっぱ、聞こえてた…。いや、もうみんな聞いていたんだろうな。

「そうですね、いつもあんな感じです」と隠しても仕方ないので、テレながら答えた。少し離れた場所で、彼も男兄弟たちに囲まれていた。きっと同じような話をしてるんだろうな…と、思いました。

 午後になり、そろそろ帰ろうとした時、せっかくだから、もう一晩泊まっていったら? という話になりました。確かに、月曜の朝6時ごろに出れば、仕事には間に合う。ということで、予定外の2泊目が決定。

 でも、下着や着替えがないので、彼と彼の妹と夕方から買い物へ。下着(パンティー)は妹さんが買ってプレゼントしてくれました。kai レースピラピラのとってもエッチなパンティー…。で、ブラはサイズがなかったので、家で付け直して出勤することに。

 そして夜。翌日の朝が早いということで、10時ごろには部屋に入りました。ご両親や兄弟たちはまだ起きているみたいでしたが、そんな気配を感じながら、私と彼は、その夜も励んでしまいました。

 途中、階段を上がってくる足音とかが聞こえたので、その夜も、家族みなさんに聞き耳を立てられていたと思います。というか、聞きたくなくても、聞こえてくるというのが本当のところ…。

 もばれてるのがわかったから、我慢せずに喘いじゃったし、セックス自体も思いっきりやっちゃった!!もしかしたら、お兄さんや弟さんのおかずになっていたかもしれません。なんちゃって。そんな刺激的な彼の実家での夜でした。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ