朝から不倫エロで濡れるOLの私の告白

 OLの夕子32歳です。彼は上司で×1の59歳。息子さんが35歳で、娘さんが31歳。娘さんは結婚して家を出、息子さんも自立して家を出ているので、家には彼しかいません。

 だから、週の半分は彼の家で、あと半分は私の部屋で過ごしています。そんな先週末も、金曜日の夜から彼の家ですごしていました。いつものようにセックスをし、二人で目覚めた土曜日の朝。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 エアコンで冷えた部屋で、彼のぬくもりを感じて目覚めるのは心地いい。週末は、出かける以外は、2人でダラダラ過ごすのが日常。この日も裸のまま、ベッドでイチャイチャして過ごしていました。

 すると突然ベッドから出て、カーテン(レースも)を開ける彼。明るく差し込む朝日が新鮮で、まぶしかった。外は暑そう…。なんて思っていたら、またベッドに潜り込んできて、私を抱きしめてキスしてきました。

 寝室は2階。ベランダへ出られる大きな窓があり、隣の家の2階からは、部屋の中がよく見える。彼は、「しようか……。」といい、オッパイを揉みながら、キスを繰り返し、私の身体を弄び始めました。

 私の感じる部分を熟知している彼は、どんどん攻めてきます。10分もすると、私はヌレヌレで、チンポが欲しくてたまらなくなります。

「あぁ…ああ…。あ…ああーん…あ…あ…」我慢しても声が出ちゃう私は、AV顔負けなくらい喘いでしまいます。そんな私をニヤニヤしながら見つめる彼は、「夕子はエッチだね。感じやすいし、エッチな身体してる」と、指や口、手を使って、とにかく私の身体を絶頂に導きます。

 欲しくておかしくなりそうだったので、「私もしてあげるね♪」といって、チンポを握り、舐めようとしました。感じすぎている自分の身体のクールダウンもしたかったし。でも、彼はそれを許さず、69の姿勢に体勢を変えてきました。

 彼のチンポを握り、舐め、玉を転がし……、ビンビンに勃っている彼のチンポを攻めていきました。が、彼も私のオマンコをジュルジュル言わせながら舐め、クリを舌で舐めたり、吸ったり、指を入れてきたり……。感じすぎちゃって、チンポに集中できませんでした。

「ほら! お口がサボってるぞ」彼は意地悪を言ってきます。でも、彼に攻められて、自然に喘いでしまって、チンポを舐めていられなかったのです。

「もう欲しくてたまらないんだろ?こんなにエッチなお汁が出てる…」そういうと体勢を変えてきました。「入れるよ…」彼は正常位で生で挿入してきました。59歳とは思えない力強いピストンに、腰が砕けそうになりました。

 途中、回転運動を折りまぜてきたり、クリを指でコリコリ触ってきたり、キスすることも忘れないし、オッパイを揉むことも、オッパイを舐めることも忘れない。彼もセックスが大好きなのです。

 挿入して15分もたったころでしょうか…。何度もイカされ、もう頭の中はエッチのことでイッパイでした。そのとき、「お隣さん、見てるよ……」と言うのです。

 ハッとしました。彼のピストンを受けながら、窓の外を見ると、若い男性がジッと見ていました。ベッドは窓際……丸見えです。夜のセックス(部屋の明かりはつけたままセックスしていると、

 レースのカーテンごしにうっすら見えるようだ)を見られたことは何度かあるけど、こっちからはお隣さんがよく見えないので、そんなに恥ずかしくなかったのですが、

 朝から明るい中でのセックスを見られたことは初めてで、丸見えじゃん! と思うと恥ずかしくて、でも、余計に感じちゃって、濡れちゃって、それがわかった彼も、更に腰を激しく動かし…。

 イッチャいました…。お隣さんは大学生の男性。一番、エッチしたい年齢。彼は、「もっとよく見せてあげようか……」と言い出し、イッたばかりの私を窓際に立たせました。

 激しいキスをしながらオッパイを揉む彼。彼の手はどんどん下に。オッパイにキスしながら、オマンコをまさぐる彼。キスはどんどん下に…そして、ベッドに片足をあげさせた私のオマンコを舐め始めました。

「いい~~気持ちいいよ。…ああ~~ん…あ…あああ…うう~~ん」内腿をエッチなお汁が伝わるのがわかりました。彼は指を1本、2本と入れてきて、中をかきまわしてきます。足がガクガクして、体中に快感が走り…。

 そのとき、「オレのも舐めて」と彼。仁王立ちしている彼の既に硬くなって勃っているチンポをしゃがんで舐める私。そんな姿も、お隣さんは見ていました。

「上手だよ…。いいよ…ああ…もっと、もっと吸ってごらん…ああ…ああ…」彼も感じてくれて、亀頭からは我慢汁が出ているのがわかり…。「さぁ、ガラスに両方の手をついて立つんだ!」

 お隣さんからは私の身体が丸見えです。そして、立ちバックで挿入してきた彼は、オッパイを揉みまくり、首筋にキスしながら、前から手を回し、クリを刺激したりしながら奥までチンポを突きまくってきました。

「丸見えだよ…お隣の彼、見てるよ。エッチな夕子を見てるよ」と。恥ずかしいのに感じてしまう自分がいて、「もっとして!もっと突いて!もっと!もっと欲しいの!!」と自然と口から出てしまう。

「いいの~~スゴイ、イイ!! ああ~~ん…ああ…ああ~~ん…うう~~ん…あ…あん…ダメ…ああ…」あまりの気持ちよさに、見られていることもたまに忘れて感じることに集中してしまった私。

 それは彼も同じみたいで、一旦、チンポを抜いて、ベッドに私を押し倒し、再び挿入してラストスパート! にかかりました。…ラストスパートといっても、5分や10分ではありません。

 バックで思いっきり挿入し、子宮まで当たる彼のチンポ。そして、抜かないまま私の上半身を起こし、後ろから抱っこされるような体勢に。

 そのまま彼は寝転がり、私は彼の上に座った形になり、そのまま向きを変えて騎乗位になりました。下から突き上げてくるチンポのタイミングにあわせて、私も腰を動かし、更に激しく、奥まで突き上げてくるチンポに喘ぎまくる私。

 大きい私のオッパイは円をかくように揺れまくり、それを下から手を伸ばして彼が揉む。そのまま私が彼の上に倒れこみ、女性上位でキスしながら腰を動かし、ラストは正常位になり、彼のピストンを受ける…。

 抜かずに体位を変えながら30分くらいたったでしょうか…。お互いに限界が近づき、彼の射精のタイミングが迫ってきたころ、部屋のドアがバタン! と開いたのです。

 ダレもいるはずがない家の部屋のドアが!!!「え?! 何?!!」ドアの方を見ると、そこには彼の35歳の息子さんがたっていました。驚いたような顔をしてすぐにドアを閉めて1階に下りて行ったけど、私と彼のセックス真っ最中の姿を見られたのは明らか…。

 もちろん、布団なんてきてやってないから、ベッドの上には全裸の正常位でつながった2人の姿。彼が思いっきり腰を動かしているときだから、パンパンという肌のぶつかる激しい音は響いているし、

 私もイク寸前で、思いっきり喘いでいるし、彼も「イクよ…ああ…イキそうだよ…」と喘いでいるし、本当にセックスのクライマックスだったから……、もうすごいことになってました。

 それでも彼のチンポは勃ったままだったので、私の中でフィニッシュし、急いで着替えて、下に下りていきました。彼だけ…。59歳の父親と35歳の息子。

 どんな風に話が始まったのかはわからないけど、あとから聞くと、「2階から喘ぎ声が聞こえたから、こんな時間から親父がAVでも見てオナってるのか?!と思って部屋を開けたら、AVじゃなくて、リアルでやってたからビックリした。

 親父もスケベだねぇ。あんなに若い子を連れ込んで。まだまだ現役で役に立ってんじゃん」って言われたって聞かされた。

「彼女とは、真剣に付き合ってるよ。流石に今日はあんな姿を見られちゃったし、恥ずかしいだろうから、今度、きちんと紹介するよ」と言っておいたって。

 そりゃそうよ…彼の息子が私のオマンコに入っているのをリアル息子に見られちゃったんだもの。照れないはずがない!!この日、お隣さんに見られながら2度のセックスをし、2度目のセックスのクライマックスを息子に見られ、とにかく、“見られちゃった”一日でした。

 そしてその日(土曜日)の夜、昼間のセックスを思い出しながら、カーテンを開けたまま、部屋の電気も消さずに「また見られるかもしれない」興奮を味わいながらセックスしました。

 もちろん、日曜日も同じような過ごし方…。見られることに快感を覚え始めたこの頃、彼のセックスがどんどんエスカレートしているような予感…。だって、会社で求めてくる回数が尋常でなく多くなったんだもの。

 前は、たま~に「舐めてほしいな」とか、「今、オッパイ吸いたいな」とか、「立っちゃったんだ。したいんだけどな」とかだったけど、ここ3日は毎日、「ねぇ、セックスしようよ。我慢できないよ」って迫ってくる。

 さすがに全部は応えられないけど、時間が許すときは彼の執務室や会議室でする回数が増えました。今日も昼休みに彼の執務室のソファで軽く1回…挿れられちゃいました。今、オマンコはヌレヌレです。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ