職場恋愛の彼氏と別れムシャクシャしたので

 原因は同じ職場の女に取られたから。退職も視野に入れて、悩んで悩んで友達だった男友達に連絡しました。給料前だから宅飲みなーって事で、スーパーで適当に買い出しして友達のアパートへ。

 唐揚げ、チーズ、餃子、お酒はどんどん進み、私酔っぱらいになってしまいました。泣きながら、甘えたり絡んだりする私は、きっとうざかったでしょう。友達が「明香ベット使えよ。俺は床でいいから」って言って寝かせて貰いました。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 朝方、友達の咳で目が覚めました。酔いが大分覚めた私は、歯ブラシを貰い歯磨きしてから「ベット交代しよ」と、友達に言いました。「大丈夫」と言う友達に「じゃ、一緒に寝よう」と提案しました。

 友達は「俺も歯磨きするわ」って洗面所に行ったのでデニムがキツかった私はデニムを脱ぎベットに入りました。戻ってきた友達は「脱いだの?」ってビックリしたから「キツかった」と言うと「風邪引くなよ」って隣に入ってきました。

 寂しかった私は半分冗談で「めちゃくちゃにされたい気分」って言うと「バカ。寝ろ」って。
「私の事、嫌い?」
「嫌いだったら友達にならない」
「じゃ、好き?」
「わからん」
「私は好き」

 本当言うと誰でも良かったんです。新しい男で体の上書きしたかった。背中を向けてる友達の首筋に、ふーっと息を吹き掛けました。びくっとしたので「餃子臭い?」って笑ったらこっちを向き「俺もな」って。キスをするのに言葉はいらなかった。

 友達の手が胸を揉んで、セーターをたくしあげブラの上から触った。「脱ぐ?」と聞くとコクンと頷いた。私は全裸になった後、友達の股関を触った。「嬉しい。固くなってる」「まあな」スエットの上から手のひらで擦った。

 友達の顔が下がっていったので言った。
「今日は洗ってないからいいよ」
「舐めたいから洗ってきて」
「シャワー浴びてる間にさめて止めるって言わない?」
「言わない。俺も浴びるから」

 シャワーで二人とも下半身を洗った。洗い場で、ちょっとだけフェラしたらお腹につくぐらい固くなってた。「さむーい」上がってストーブの前で身体を拭いてたら顔を持たれてキスされた。

 キスしながら、手で擦ってあげた。先っちょから透明な汁が流れて、それをおちんちんにのばして擦ってあげた。「もう、いい」擦るのを遮られベットに移動した。私のお尻の下に枕を置いて、友達は私の股関を丹念に舐めた。

 舌を穴に入れたり、指を入れながらクリを吸ったり、私はシーツを掴みながら悶え続けた。
「けつ穴まで垂れてるよ」
「やだぁ」
「ヒクついてやらしい」
「私にもさせて」

 ちょっと柔らかくなったおちんちんのカリを舌で舐め回した。握りながら亀頭をチロチロと舐める。先っぽを口に含み擦ると、またカチカチになった。
「やべーな、ゴムない」
「外出しして」
「いいのか?」

 私は友達にお尻をむけると、片手でお尻の肉を開き「めちゃくちゃにして」と、また言った。友達のおちんちんが入ってくる感覚は今でも鮮明に覚えてる。元彼より太い…なぜだか私は笑いたくなった。

「ねぇ、大きいね」
「そうか?いいか?」
「うん、すっごくいい。もっと」

 友達の腰のふりが大きくなって膝から崩れる。寝バックになっても抜けない。枕からは、やらしい匂いがする。「ねぇ、イキそう」「いいよ、1回いきな」枕に顔を押し付けて、声を我慢しながらイクと背中が痙攣してた。1~2分休んでから正常位でした。

「そこいい」「うん?ここ?」私は膣の左奥が弱い。左奥を擦られ、私の愛液は粘ってきたようで、ピチャッピチャッから、ネチャッネチャッと音が変わっていた。「俺もいい」「嬉しい」私は足を大きく開き天に向かって突っ張らせる。

「深いぃー左奥もっといじめて」ドチュドチュと膣を突かれ、弱いとこを確実に責められ、また声を我慢しながらイクと、その後友達もすぐ私のお腹に出した。

「お前ってスケベだったのな」
「でも、声は我慢したよ」
「今度ホテルでも行くか?」
「そだね」

 友達は精液を拭いたあと、私に軽くキスしてから、また眠った。私は、何となくまだモヤモヤはあったけど、大分スッキリしてた。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ