愛らしいコンドーム内の精子たち

 究極に眠い時の私が、ものすごくエロいみたいです。当時仲の良かった男性と、夜中にお散歩していた時のことです。夜中の間中、近所の住宅街を、歩いたり、座って話したり、いちゃいちゃしたり、セックスしたりして過ごしていました。

 もう夜明けが近づいてきた頃、私が究極に眠くなっていて、ろれつが回らないというほどではないですが、少しふにゃふにゃしたしゃべり方になってきていました。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 ぶりっ子してニャンニャンしてるわけではなく、眠くて思考回路が滞りしゃべるのがやっと、という感じでしょうか。私自身はあまりそういう意識はないのですが、その時の私はかなりエロかったそうです。

 そこへムラムラしてきたその男性が、私に襲い掛かると、私のあえぎ声もいつもよりキーが高く、それもエロいと。しかももともと敏感なのに、それがさらに敏感になっているのか、どこを触っても、キーの高いあえぎ声で体をよじり、濡れ方もすごかったみたいです。

 ヌルヌルもしてるのですが、ちょっとシャバシャバ?びちょびちょ?というか、いつもより液体の量が多いらしく、次から次へと溢れてくる感じで。さすがに濡れ方は自分でも異常だと思い、眠いながらにも興奮してきました。

 路上というか、駅から程近い、死角でもなんでもない人目につくような広い場所でしたが、互いに我慢ができず、壁に手をついて立ちバックで挿入。じゅるじゅるになった私のおまんこには、すんなりとおちんちんがはいり、気持ちよすぎて、かん高いあえぎ声が漏れ、外に響きます。

 抑えれば抑えるほど、声が詰まって高い声になる気がしました。おちんちんが出入りする度、じゅるじゅるじゅぽじゅぽと、エロ漫画みたいな表現でもしっくりくるような濡れ方で自分でもすごく興奮して、眠さで意識もままならなくて本当に頭が真っ白。

 あまりの気持ちよさに、何度も何度も、腰をガクガクさせていっていました。頭もおっぱいもクリトリスもおまんこも、おちんちんも一緒に全部溶けてしまいそうな、そんな感覚でした。

 膣内に入ったまま彼が射精してくれて、しばらく中に入れたままにしてくれたので、ビクンビクンと動くのを膣内で感じ、敏感すぎる私のおまんこは、その動きだけでも2,3回いきました。

 おちんちんを抜く時ですら、声をあげるほどに気持ちよかったです。もう立っていられないくらいに体がふらふらしていて、彼が抱きしめて支えてくれました。その時の濃厚なキスまでも、声が出るほど気持ちよかったです。

 しばらく抱き合っていると、新聞配達のおじさんが私たちのそばを横切って歩いていきました。気付けば夜明けは目前で、辺りは明るくなりはじめていました。

 寝ぼけながらも、精液の溜まったコンドームに、愛おしくキスをしたり口に含んだり頬ずりしたりしました。私の中で果ててくれた精液を見ると嬉しくなり、異常なまでにコンドームを愛でてしまいます。

 そんなこんなで眠い時の私はとってもエロいみたいです!

↓他のHな体験談を見る




ホームへ