女にとって幸わせなエロした一夜だった体験談

 40歳になります。6年前に別れた以降男性とは接していませんでした。高校の時の初体験の彼が、たまたま上京して来ると知り、職場で嫌な事が続き、ストレスが最高潮に達していた私は彼に無償に会いたくなり連絡をとり会う事に。

 お食事をしてお酒を飲み、取ってあげたホテルで飲み直すことに。三人しか男を知らない私は臆病でなかなか男性と深い中にはなれません。部屋で飲んでる時に私も泊まるからと言って、服を脱ぎ戸惑っている彼を脱がし一緒にバスルームへ。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 彼を洗い私も洗ってもらい自分から彼のを舐め始めました。小さい私には大きすぎるそれを丁寧に舐めて咥えました。ベッドに移り彼が私を愛し始めてくれると、忘れていた気持ち良さがよみがえり二三度達してしまいました。

 普通のホテルでゴムは無いので彼は入れるのを躊躇しました。私はゴム無しでは許したことが無かったのを知ってるから・・付けなくていいよと言ったら彼は何度も本当にいいのかと聞き、頷くとようやく入れてきました。

 久し振りすぎて最初は痛かったのですが、彼にばれないよう我慢しました。痛いなんて言ったら止めてしまうのが分かってるから。好きあったまま別れた彼でしたからこの痛みも初体験のようでキモチも高校生に戻っていました。

 ようやく大きいそれに慣れると、急に気持ち良さが体中を敏感にしていきました。身体もアソコも小さい私は大きな彼のもので突かれる度に出した事の無い大きな声を上げてしまいます。

 エッチが好きという訳ではなかったけど、この晩は違いました。私の乱れ様に彼は興奮したのか、窓辺で後ろからしたりソファでされたことないほど足を開かされて突かれたり、初めてした騎乗位で突き上げられたりしました。

 ペニスで達したことが無いので、達しそうな寸前の状態が続き、苦しいような快感のままがずっと続いていました。ベッドで正常位でキスしながら彼がもういきそうだと言ったので私は中でそのまま来てとしがみついて懇願しました。

 彼はいいのと二度聞き、私はその度にいいの、一番奥で欲しいと言いました。激しい動きで突かれ一番奥で動きが止まって熱いものを感じた時、頭が真っ白になりました。多分初めてのエクスタシーでした。

 彼が横に寝るとペニスはまだ大きいままピクピクしていて、先端から滲み出ています。私はそれを舐め始めてタマタマまで舌を使い口に含みました。入れたモノを舐めてあげたのも初めてでしたが自然に出来ました。

 舐めてる時に奥から精子が流れ出して腿を伝いましたが、出ていかないでと思いました。妊娠したかったから。妊娠したら彼には内緒で産もうと思っていました。年齢から言って最後のチャンスだから。

 互いに裸のまま彼に甘えて寄り添い少し眠りました。空が白み始めた時目が覚め、彼のペニスを摩っていたらまた大きくなってきたので舐めっていると彼も起きて、69で舐めあい舌でいってしまいました。

 また入れてって言い入れてもらうと、一度目より最初から気持ち良く今度ははっきりとペニスで達することが出来ました。その後、私が上になって動いていると彼がいきそうだというので頑張って激しく動いてそのまま出してもらいました。

 凄く気持ち良かった。精子まみれのそれをやっぱり綺麗に舐めて咥えて初めて飲みましたが少し苦かったです。妊娠はしませんでしたが幸せな夜でした。それから年に二度くらい彼と会っています。新しい彼はいりません。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ