バイト先で店長とプチエロの思い出話

 高校二年の時初めてのバイトでお菓子屋さんのアルバイトをしました。オープンの募集で最初は店員さんとアルバイト二人の計三人で営業してたのですが、少しすると人も来なくなり、一ヶ月後くらいには店員とアルバイトの二人で営業するようになりました。

 店員の人はお店に二人居て、35くらいの店長と、20前半の男二人で、アルバイトは主婦さん二人、学生の男性アルバイト一人と私の合計四人です。店長は割と人の好き嫌いが激しい人で、「お前と働くのが一番楽しいやー」って直接言ってくるくらい、私には激甘な人でした。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 店長も、わざと私と出勤がかぶるようにシフトを作っていたと思います。暇な時は倉庫に呼ばれて、ずっとお話ししてる感じで、私も楽だったのでお喋りに付き合ってました。

 お客さんも全然いなくて、長くお話しすることが増えて、最初は店長がパイプ椅子に座って話してて、私はずっと立ちっぱなしでっていうことが当たり前だったんですが、店長が「俺の膝に座るか?」って聞いてきて、私も立ってるのが面倒で座ってしまいました。

 それがきっかけだったと思います。それから「髪綺麗だね」とか、「足細いね」とかって身体を触られることが多くなり、そういう話も多くなりました。高二でしたが男性の経験は普通にあったので、店長が私を女として見てる感じもなんとなくわかってました。

 ある日そういう話をしてる時に、フェラの話になって、店長にしたことある?って聞かれたので「ありますよ」って答えたら当然のように「俺にもしてよ」って話になりました。

 びっくりしましたが、その時には当たり前のように私の身体を触ってきたりしてきてたので、私も多少溜まってたのか、媚を売っといたほうがいいと思ったのか「まぁいっか」と思いながら「えーー!変態ですねっ!」って嫌がりながらも渋々OKした感じで店長にフェラをしました。

 店長も溜まってたのか、かなり早くイッったので早いですねー、興奮したんですかー?とかからかいながらもその日は終わりましたがらそれから暇な日はほとんど私にフェラを要求してくるようになり、プライベートでも二回会ってそういうことをするようになりました。

 そういう関係になってから三ヶ月くらいだった時、店長が私にセクハラをしているという話になり。それが原因で居なくなりました。私もそれを周りや自分の学校にバレてしまうのが怖かったので、

 それをきっかけにバイトを辞めて、しばらくしたあと別のバイトをするようになりました。店長からは一度連絡が来ましたが怖かったので返信せず、それ以降何もありませんでした。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ