アラサー女子の溜まったストレスの発散の告白

 アラサーOLのあいなです。週末のストレス発散方法を報告します。金曜日の夜、仕事が終わってから少し遠い地方都市まで行き、予約しておいたビジネスホテルにチェックイン。

 街をブラブラしながら男を探します。知り合いのいない街を少し大胆な服装で。自慢のGカップの胸を強調するように開いた胸元がエロいノースリーブスのワンピース。飲み屋街を歩いても声を掛けてくるのはオジサンばかり。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 結局コンビニでお酒を買って、部屋に戻り出会い系をチェック。ホテルまで来てくれる年下くんを募集する書き込みをしました。シャワーを浴びてお酒を飲みながら年下くんの来るのを待ちました。すぐに返信をくれた19歳の学生くん。メールの内容はガツガツしてたけどどうかな。

 挑発するようにキャミ一枚で学生くんを部屋へ入れました。私の格好を見て、目のやり場に困るようにオドオドする学生くんにシャワーを浴びさせ、私はベッドに座り膝を立ててお酒を飲んでいました。

 学生くんが出てきて私を見ています。学生くんには私のマンコが丸見えです。バスタオルで股間を隠すように立ち尽くす学生くんに私は、バスタオルを取っておちんちんを見せてと言いました。

 学生くんのおちんちんはフル勃起して、上を向きピクピクしていました。私はキャミを脱いで学生くんをベッドに招き入れました。学生くんは私に襲いかかるように体を貪り舐めました。

 くすぐったいけど必死に舐めまわす学生くんが可愛くて、私は学生くんの顔をおっぱいにはさんでぎゅっとしていました。私のトロトロになったマンコをジュルジュルと音を出して吸う学生くんにイカされてしまい、今度は私が学生くんのおちんちんを舐めました。

 ベッドの上に立たせてカチカチになって、上を向いたおちんちんをジュポジュポと舐めました。入れたいと懇願する学生くんを焦らしながら。私がベッドに横になると、学生くんは間髪を入れずおちんちんを入れてきました。

 ゴム無しの約束だったのでそのまま。カチカチのおちんちんが一気に奥まで入り、一心不乱に腰を動かす学生くんに私は軽くイカされてしまいました。気持ちいい!と絶叫に近い声を出しながら学生くんにしがみついていたら急に「ヤバい!」と言われ

 マンコの中のおちんちんが脈打つように激しくビクビクして、学生くんは中に出していました。申し訳なさそうにおちんちんをマンコから抜き、オドオドする学生くんが可愛く思えて、まだピクピクして大きいままのおちんちんを私はパクリと咥えて舐めました。

 男の子の味が濃くて、吐き出しそうになったけどそれもいやらしく興奮しました。まだ固いままのおちんちんを手で扱きながら、学生くんの耳元で「まだ固いけどどうする?」と聞きました。

 もう一回したいと言われて私は四つん這いになり「今度は後ろから」と学生くんのおちんちんを待ちました。お尻を掴みおちんちんを奥まで一気に。パンパンと体のぶつかる音が響き、奥へ奥へと突くおちんちんと学生くんに鷲掴みにされたおっぱいが気持ちよくてイカされました。

 ベッドに倒れ込んだ私に抱き付くように学生くんはおちんちんを入れ、マンコを掻き回すように突きました。私は学生くんを抱き締め体を密着させて、学生くんの舌を夢中でしゃぶっていました。

 イキそうと言う学生くんに私は「いいよ中で」と言っていました。学生くんの動きが早くなって、マンコの一番奥で動きが止まりドクドクと中で出しているのがわかりました。

 二人でぐったりとベッドに横になって、私は学生くんのおちんちんを触り、学生くんは私のおっぱいを揉んでいました。そのまま眠ってしまったみたいで目が覚めたらとなりに学生くんも寝ていました。

 おちんちんが固くなっていたので、触っていたら目を覚ましたのでまたエッチして。土曜日のお昼くらいまで学生くんとイチャイチャしていました。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ