エロ行為にオールマイティーなオバサンとの体験談

 風俗ではないのですが、友達から紹介されたウリ熟女。一万だけ小遣いあげたら・・すっ飛んできて誰でも、どんなプレイでも嫌と言わず、逆に恐ろしく興奮して求めてくるオバサンがいるとのことで。

 待ち合わせから速攻ホテルへ。脱ぐと経産婦の推定40代、デカ乳首にパイパン。ちょっと触るだけでAV顔負けのアンアン。こちらのパンツを強引にずらし、洗っていないチンポにムシャブリついて



「ああん~これ・これが欲しかったのぉ」チン繰り返されて、アナルもペロペロ。むこうのマンコもスライムみたいな淫汁でドロドロ。しこたま嵌めながらアナルに指いれると、またアンアン。そのまま生でアナルにスライムと唾液塗りつけてヌルっと入れると、マンコより大きい声で絶叫。

 バックでマンコとアナル、交互にヌルヌルいれてたら最高の気分になって昇天。タバコ休憩挟んで、再戦ももちろんノリノリ。その後、病み付きになって一ヶ月に三回も呼んでしまいました。私の周りもみんなお世話になってることは知っていましたが、

「お前、あのオバサンにオシッコ飲ませてって言って顔に掛けさせたんだって? しかも汚れたパンツ穿いてきてってリクエストして、持って帰ったんだって?」ああ死にそうです。股のゆるいオバサンは口もゆるいのでした。

 でも よかったです。ペニバンまで買って行こうと思っていた矢先だったので・・

↓他のHな体験談を見る

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

ホームへ