.
.
.
.
.

タクシードライバー

女性のHな告白や体験・男性のHな告白や体験を集めて掲載しています。エロな告白や体験談も掲載!
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
2015/07/08(水)
 私がタクシーの運転手をしていた時の話です。大体飲み屋にはお決まりのタクシー会社が有り、お客の依頼があると、同じ店から呼ばれます。駅よりかなり離れた、さえないスナックからタクシーの依頼で向かいました。

 店名が変わりリニューアルがあったお店からでした。到着した事を伝える為、店を覗くと綺麗なママが居ました。こんな変な場所で勿体無い位のレベルのママですから、気にはなっていたのですが、まさかそうなるなんて・・・。
.
.
.
.
.
2014/08/21(木)
 タクシーの運転手をして10年余り、もともとは好きで始めたわけではなくて、田舎で仕事がないので、都会で働こうと思い、見つけたのがタクシー運転手のしごとでした。最初は地理がわからず本当に苦労しました。でも1年もたつとだいぶ慣れ何とかこのまま続けられそうな気がしていました。

 3年ほどたった頃でした。当時私は田舎で離婚してきたので一人会社の近くのアパートに住んでいました。40歳も半ばになっていました。あの日は8月の夜勤で小雨が降っていました。平日で売り上げも少なく、お客を下した後、都心のほうへゆっくり向かっているときでした。
.
.
.
.
.
2012/12/02(日)
「ねえ、肋手席に座ってもいい?」その女がいい出したのは、巣鴨で乗せてからしばらくたってからのことだった。34.5のホステス。閉店後、客に誘われて飲んだのか、たいそうゴキゲンな様子。だが、タクシーは原則的には、客は前に乗せてはいけないことになっている。4人か5人の場合は、やむを得ないが。
.
.
.
.
.

エプロン姿のお客

2012/11/29(木)
 朝の東京駅八重洲中央口。駅待ちでZさん(48)は、この場所にはいかにも不釣り合いなエプロン姿の女を乗せた。35,6の完壁に人妻してるタイプ。行き先を聞くより先に、Zさんはけげんに思っていたことを、そのまま口にした。「何、そのエプロン? 取ったら」いわれて、女はハッと赤面。「あっ、いけない。あわてて家を飛び出してきたから……」
.
.
.
.
.
2012/11/27(火)
 走行中に尿意をもよおす女がいるかと思えば、アゲそうになる女もいる。アゲる、といっても、この場合は「ああん、あなたにカラタをアゲたいの」なんて色っぽいもんじゃない。最低最悪、ゲロ……見るのもイヤな嘔吐です。
.
.
.
.
.

送り狼が失敗したら

2010/12/16(木)
 接客業関係のお店がハネる、深夜になると、にわかにタクシーは忙しくなる。店が終わって家路につく、ホステスたちを送っていくためだが、このホステスたちの帰り道を、店のお客が狙って待っている場合もある。
.
.
.
.
.
2010/05/04(火)
 夜、アベックが乗ってくると、たいていイチャイチャするし、チューもする。タクシーとは、こういう世界でもある。乗り込むなり、ラブホテルへ直行、という客も珍しくはない。
.
.
.
.
.
2010/04/26(月)
 タクシードライバーは、ただ乗客を運ぶだけで、その目的地の先にあるものには、あまり好奇心を抱かない。だが、たまには、「なんだ?」と思うことだって、やっぱりある。
.
.
.
.
.
2010/03/05(金)
 世の中で、人間模様をいちばんあからさまにみたりきいたりしているのは、たぶんタクシー運転手なのではないだろうか。それだけに珍客に出会う確率も高い。
.
.
.
.
.
2010/03/03(水)
 「どこでもいいから、ラブホテルを頼む」

.
.
.
.
.

全裸の女が・・

2010/03/02(火)
明け方だった。渋谷の代官山の舗道に、チラチラと舞い散る粉雪が、街を白い点描で揺らめかせていた。


管理人がおすすめする「出会い系サイト」です。異性との出会いは待っていても天から落ちてきません。自分が求める出会い種を検討してサイトに訪問して下さい! 又、登録は無料ですので全て登録して試すのも宜しいかと思います。管理人より良き出会いを願っています。(18禁)
PCMAX
サクラがいないサイトをお探しの方必見!会員数500万人突破!!
登録無料・音声ガイダンスでの確認あり
ワクワクメール
手軽に出会いやすい上にサクラゼロ♪

登録無料・音声ガイダンスでの確認あり
ハッピーメールバナー ハッピーメール
理想の恋人、結婚相手をハピメで探そう!(18禁)

登録無料・音声ガイダンスでの確認あり

.
.
.
.
.

 | Copyright © Hな告白や体験談ブログ All rights reserved. |  Next

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
.
.
.
.
.