Hな告白やHな体験談ブログ

女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています【18禁】

Top Page › ◆男性の告白・体験談 › 人妻・不倫の体験談 › ちょっとしたお話し相手程度だった人妻だったがHへ


2022-09-05 (Mon)

ちょっとしたお話し相手程度だった人妻だったがHへ

 いつも遊んでるセフレ人妻の綾(51)が、木曜の夜に旦那が急に親のところに行くと言うので、朝に「今夜は一人なの」ってメールが着て、私も仕事が暇だったので、昨日は半休取って会いに行きました。

 至って真面目そうな専業主婦で、某アダルトSNSでは、ちょっとしたお話し相手程度って感じで募集されていて、私も他のセフレもいて時間的に厳しそうで、



PR 管理人お勧め(^^♪
 ほんとに日記のコメントや話し(メール)に時々付き合う程度でした。まだコロナというのも無い3年前に、綾の方から「会いたいなぁ」となり、

 あまり深い関係は期待せず行くと、むしろ積極的に綾から誘ってきて、最後までやっちゃいました。

 私とセフレの関係が刺激になったらしく、これまで旦那とは至ってノーマルなセックスしかしてなかったけど、願望としてはいろいろあったようで、好きにして欲しいとのことで、

 先ずは陰毛を剃り上げ、タオルで手を拘束しただけで「興奮しちゃう」と言い、指マンで初めての潮吹きしながらイカせたことで、すっかり私に惚れ込んだようでした。

 しばらく元のセフレと並行して付き合ってましたが、元のセフレも主婦で、旦那の転勤に付いていってしまい自然解消。そこから綾に集中して仕込むことになりました。

 前置きは長くなりましたが、昼過ぎに待ち合わせ場所に。私からは仕込んで来いと言ってたので、会ってすぐにコートの中身チェック。

 ファー付きコートの下は、ガーターストッキングと貞操帯。貞操帯の下にはリモコンバイブが挿入され、上は普通なら裸でオッパイも丸出しですが、

 寒すぎるのでこの時期だけヒートテックシャツの着用を許しており、ノーブラで乳首が浮かんでいました。リモコンバイブのリモコンを手渡され、しばらく徘徊。

 時折、スイッチを入り切りしながら、近くの雑居ビルに。エレベーターに他の男性1人しか居ない中で、リモコンバイブを動かすと「ブーン」という音が僅かながらも鳴り響き、

 男性も「ん?」って感じで振り返りましたが、降りる階に着いたようで、降りて行きました。我々は一番上の階に着いて降り、しばらく廊下を徘徊させてから、内階段に。

 そこでコートとヒートテックを脱がせて、再びコートを羽織らせてから、フェラ奉仕させました。しばらく会って無くて、オナもしてなくて溜まってたので、5分程して綾の口に射精。

 絞り上げるようにして、ゴックンしたら、「ごちそうさまでした、ご主人様」と言って、リモコンバイブは入れっぱなしでしたが我慢してたようで、

「イッていいですか?」と言うので、良いよと言うと、声を押し殺しながら「イックぅ・・・」と言って身体をビクビクさせていました。

 貞操帯とリモコンバイブを外すと、中は愛液でビチャビチャな状態。ガーターストッキング以外は全裸にして、ラブホに向かいました。

 いつも使ってる路地裏にある古いラブホで、人通りはまばら。ラブホの手前で止め、道端に座らせ、コートの前を開けて放尿させました。

 私は反対側からスマホで動画撮影。途中、カップルが通り、ぎょっとして見られましたが、構わず放尿し続けました。出し終わり、軽くティッシュで拭いてラブホに。

 部屋を選んでエレベーターに乗るとコートを脱がせて全裸に。降りたらリネンの方がいましたが、それも構わず部屋に入りました。

 ガーターストッキングも脱がせて、窓開けして、その部屋は小さいベランダというかテラスのようなスペースがあったので外に出させました。

 私もオシッコしたくて、座らせて「ご褒美だ」と言って口許に放尿。綾も口を開け受け止めます。結構量があったので、頭にも掛け、出し終わって口の中のおしっこを飲み込み、部屋の中に入れました。

 軽くシャワーさせた後、「人前でオシッコしたりする汚い人妻です。お仕置きしてください」と言い、床に四つん這いにさせて、私のベルトで尻叩き。

 終わると「ありがとうございます」と言って、私の足を舐めて、徐々に上がってチンポを咥えました。勃起して、「入れていいぞ」というと、

「ありがとうございます」と言って乗り、自ら入れて腰を振ってきます。「ご主人さまのおチンポ気持ちいいですーー」と言って激しく腰を揺らせたり出し入れして、

「いく!いくーー!」と言って抜けた瞬間、潮吹き。勢いよく私の顔まで掛かりました。仰向けにさせて突いてやると、再び「いく!いく!いっぱい突いてーーー!」と言って、

 私にしがみついてきて、最後は中に放出。綾も同時にまたイッたようでした。しばらく抱き締め、萎えてきたので抜いたら、精液が垂れてきました。

 私は指で拭って綾の口に持って行くと、ジュルジュルと舐め取っていました。

 少し休憩して、綾に預けているバイブでオナ見せさせ、また尿意が来たので浴室でおしっこを掛け合いし、シャワーで流さず互いのおしっこまみれなままで洗い場でハメて、顔射。

 手で塗り伸ばしてやれば、メイクが取れながらと共にグチャグチャな顔になっていました。

 洗い流して、またベッドでマッタリして、私は3発も出したので勃起も難しく、また綾のアソコを触ってあげて、バイブ責めしてイカセて終了しました。

 私も帰らないといけないので、身支度してホテルを出て、一緒に駅に。「今日は満足しました」とニコリとして、綾は途中駅で降りていきました。

 私は出し疲れて10時前には寝落ちしてましたが、朝メールが着てて、自宅マンションの玄関前で撮ったであろう、全裸写真が送り付けられていました。

 深夜に目覚めて、オナがてら露出したようで、1枚目は普通に全裸でしゃがんでる様子、2枚目は放尿している姿でした。

 その後にオナしたようで、イク前に新聞配達らしきバイクの音で戻って玄関内で続けて、配達員が通り過ぎたであろうタイミングでイッたとのことでした。

 旦那は明日帰るとのことで、また部屋オナする姿送って来いよと返したら、いいよってことで、期待して待ってるところです。

↓他のHな体験談を見る










Top Page

最終更新日 : 2022-09-05

Comments







非公開コメント