Hな告白や体験談ブログ

【18禁】女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています。

Top Page › ◆男性の告白・体験談 › 会社員の体験談 › 女性事務員の咥えられてアッという間に
2021-06-07 (Mon)

女性事務員の咥えられてアッという間に

 あれは、入社してから3年後の25歳の時でした。本社採用の僕は、入社してすぐに仕入部門に配属になり、部長から直接指導されていました。配属から3年で、何とか仕入や価格、

 相場等の知識を得て、仕入の一部分を任され担当する事ができていました。ある日、社長より面談の呼び出しがあり、社長室に呼ばれました。



PR
 君は、短期間で仕入部門の一部分を任されていて、担当部長からの評価も良い、私も君を採用して良かったと思っている。実は、地方の支店の仕入担当者が家庭の都合で、

 本社に戻らなければならない事情があるので、君に代わりに5年程行ってほしいとの打診をされました。私は、彼女もいましたが断る理由もなく、承諾しました。

 翌月の4月に辞令が出て地方の支店に転勤しました。支店は、支店長と営業課長、営業が6人、営業補佐女性社員が2人、倉庫管理社員が4人、配送社員が4人、事務統括兼仕入担当のが私1人、経理の女性事務員が1人の20人程の規模でした。

 女性事務員は、経理担当事務員Aが私より13歳上の38歳、総務の女性社員は、25歳Bと20歳Cでした。私は、新築の借り上げの1LKに引っ越しました。

 引き継ぎが終わって、先輩社員は転勤して行きました。私は、引き継ぎされた仕事をこなす事に必死で、朝7時からの22時位まで事務所にいました。もちろん、遠距離の彼女にもなかなか会えませんでした。

 仕事に慣れてきましたが、仕入以外にもたくさん仕事があり、相変わらず朝から晩まで事務所にいました。ある日、事務仕事をしている時に、のぼせたのか鼻血を出してしまい、経理事務員から若いわね!と笑われました。

 その事務員は子供2人のバツイチでした。月末から月初10日迄は、仕入や経理の仕事量が多く事務担当の4人は、残業でした。女性社員は、営業社員と一緒に遅くても20時には上がっていました。

 ある月の締め日に、営業社員、若い事務員は、20時で上がり、年上の女性事務員Kと2人で最後の仕上げをしていました。皆が帰るとしばらくしてAは、ブラインドを締め、階段を降りて事務所のドアをロックしました。

 21時には経理の締めが終わり、支店長の確認印を押すだけになりました。私は、明日の準備をしているとKは、給湯室の冷蔵庫からビールを出してきて、あ~喉が乾いた言って、プッシュと開けて飲み始めました。

 あなたも飲む?と聞かれて、運転がありますから飲みませんよ!と事務をしていました。Aは、ねぇ、この前、鼻血出したでしょ?Bさんと話したんだけど、彼女がないんじゃないかとの話しになったんだけど、

 どうなの?と聞かれ、遠距離の彼女が居ますよ!と答えました。Aは、ふーん、いるんだ、この前、いつあったの?と聞かれて、2ヶ月前です、と答えました。

 その時、したの?と隣の席に移り二本目のビールを開けました。私は、えっ?何をですか?ばーか、SEXだよ!SEX!あっ、しましたよ…そっか!じゃあ、溜まっていて鼻血を出したんだ!

 明日、BさんとCさんに報告しとくよ!と笑いながら言いました。バカな事を言わないでくださいと顔をあげると、Aは、私に唇を重ねて、口の中にビールを流し入れました。

 びっくりしながらビールを飲みました。再びAは、缶ビールを口にして唇を重ねました。やめて下さい!と言ったと同時にAは、私の股関を握りしめ、あら?けっこうおっきいじゃない?

 溜まってるんでしょ?と唇を重ねて、舌を入れて来ました。もちろん溜まっていました。私の若いモノは、Aに反応して勃起してしまいました。

 Aは、あら?若いわね、もう硬くなったね!私を立たせて、ベルトに手をかけました。Aさん、何をするんですか!止めて下さい!と言いました。止めてくれずに咥えられ、アッと言う間にAの口の中に精子を放流した。


↓他のHな体験談を見る










Top Page

最終更新日 : 2021-06-07

Comments







非公開コメント