Hな告白や体験談ブログ

【18禁】女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています。

Top Page › ◆男性の告白・体験談 › 学生の体験談 › 大学時代の4年間を過ごした彼女とのSEX
2021-02-14 (Sun)

大学時代の4年間を過ごした彼女とのSEX

 大学時代の元カノは、処女と童貞を捧げ合った相手です。特に美人ってわけじゃないけど、飾らない雰囲気が可愛らしい娘でした。大学に入ってすぐに知り合って、何となくいい感じになりました。

 田舎から出てきてアパート暮らし、「どんな所に住んでるの?」教えあったらご近所さんでした。入学からひと月で連休、お互いの部屋を行ったり来たり、




 一緒にご飯食べて、慣れないお酒飲んで、酔った勢いでキスして、服の上から乳房を揉んだら、「シャワー、浴びてからにして・・・」と元カノが言って、ああ、これからセックスするんだと思いました。

 初めて生で女性の裸見て、すごく興奮しました。「見せっこしようよ。」なんて、私は中学生のような発言をしました。「い、いいよ・・・」生まれて初めて見た女性器、指で広げると大陰唇と小陰唇がピンクのバラみたいでした。

 元カノも私の陰茎を弄っていました。いわゆる69の体制で、お互いの性器を観察しました。そこから、自然い舐めあい、69でクンニとフェラ、そして元カノがコンドームを取り出して、

「これだけはちゃんとしてね。」と私に手渡し、生まれて初めてコンドームを装着しました。ゆっくり入れましたが、途中、やけに狭いところがあって、それが処女膜だったわけで、ゆっくり力をかければいいものを、私は体重をかけてしまいました。

 ゴリっという感触で一気に根元まで入って、元カノはヒッと声を上げました。一気に入って、痛かったんでしょうね。
抱き合って、キスしているうち興奮して、自然に腰が動きましたが、元カノ、処女膜破れたばかりで相当痛かったんだと思います。

 でも、童貞の私も長持ちせず、3分くらいでお漏らししました。処女喪失したばかりの元カノに、私は翌日も、そのまた翌日も、連休中ずっと求めました。

 元カノは嫌な顔せず応じてくれて、3回目あたりから出血も無くなり、連休最後の日は1日中裸で過ごし、4、5回セックスしました。若い二人が知ってしまった蜜の味、もう、サカリが付いてしまってやりまくりでした。

 毎日どちらかの部屋にお泊りしてたから、半同棲状態でした。2年生になると、元カノはクンニでクリ逝きすることを覚え、ベッドに入ると愛撫抜きで大股を開いて女性器丸晒しにして、クンニのおねだりをするようになりました。

 点縁あ元カノは、大学で授業が終わると、私の腕をつかんで、「早く帰ってエッチしようよ。」と言って、周りの学友をドン引きさせたこともありました。

 3年生になると、コンドームを使わず生セックスで外出し、元カノに生理が来るとそのまま中に出してました。平日は多くても2発でしたが、休日に天気が悪くてデートに行けないと、1日に5発も6発もやってて、お股がヒリヒリになっていました。

 やり過ぎて、カリから血が滲んだこともありました。元カノとは、大学の4年間で1,000回以上やったと思います。元カノのバラのような女性器もピンクから薄紫になり、閉じたときに少しはみ出るようになりました。

 長男でない私はそのまま東京に就職しましたが、元カノは、両親と何度も話し合いましたが、結局、地元の市役所に就職が決まり、お別れが決定しました。

 本当に優しくて、いい娘でした。4年間の後半は、夫婦みたいな暮らしをしていましたから、お別れは身を引き裂かれるような思いでした。「元気でね。」と言って駅で元カノを見送りましたが、

「元気でね」って、「もう会えないけど元気でいてね」ってことだと気が付いて、涙が溢れました。あれから何年もの時間が過ぎて、まだ子供だった大学生から少しは大人になってアラサーの社会人となり、彼女も何人か変わりました。

 それでも、あの初めての元カノと歩いた街角を歩いたり、よく行ったお店の前を通ると、元カノの姿が目に浮かんでしまいます。振り向くと、そこに元カノが立っているような気がします。

 特に、新宿駅のホームで特急電車を案内するアナウンスを聞くと、元カノを見送ったときの気持ちに戻って、耳に「元気でね」っていう声が聞こえて胸が苦しくなります。

 今、結婚を考えている彼女がいます。それでもあの元カノのことは忘れられないのは、きっと、忘れたくないからだと思います。私にとって大切で、二度と戻ることのない4年間の萌えた思い出です。

 元カノは、もう結婚したでしょうね。幸せでいるといいなと思います。


↓他のHな体験談を見る






Top Page

最終更新日 : 2021-02-14