悪友の嫁となりゆきでSEXし挿入した体験談

 昔の話です。東京の私大から東京の会社に就職しましたが、27歳の時に地元の会社に転職しました。それを切っ掛けに高校時代の悪友とつるむようになりました。悪友は土方作業員です。

 行きつけのスナックで私がスーツにネクタイ、悪友が作業服で両極端のコンビで店の名物になりました。そんな私と悪友が夢中になったのが一歳上のホステスの真奈美でした。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 巨乳の胸の谷間を強調する服と、ミニスカートから伸びる脚線美はベージュと黒のストッキング、たまにアミタイツを履いて我々の目を楽しませてくれました。真奈美は私のオナペットになりました。見たことのない真奈美の裸を想像してオナニーの日々でした。

 そんな時、悪友が真奈美を強引に口説き続け真奈美を落としました。悪友と真奈美がエッチをしてる!悔しくて嫉妬しました。しばらく子供は作らないらしく真奈美はホステスを続けていました。

 二人が結婚して1年半たちました。私は30歳、真奈美は31歳でした。悪友が長期出張だったので一人で店に行きました。閉店後に真奈美から飲みに誘われました。二人で飲むのは何度かあるので特に意識はしませんでした。

 その日の真奈美は酒のピッチが早く大変でした。悪友が出張先の東北で浮気をしてる!と言い出し悪酔いしてました。しょうがないので悪友と真奈美のマンションへ送って行きました。やっとのことで真奈美をソファーに寝かしました。

「真奈美さん!大丈夫?」
「うん・・飲みすぎた・・」
「じゃあ、帰るよ・・」

 私は帰宅を急ぎました。やはり深夜に悪友の妻と二人きりは問題があると思いました。その時でした!「ちょっと待って・・」真奈美はいきなり上着を脱いで黒いブラジャー姿になりました!

「真奈美さん!酔ってるの?」「ダンナが浮気をしてるから私も仕返しに浮気をする!お願い!抱いて!」想定外の事にテンパりました。90センチの巨乳を隠しているブラジャーからは乳房が半分程露出されています・・

 ああ・・あのブラジャーの中を見たい!どんな色と形の乳首があるんだ!私は既に勃起でした。真奈美はスカートも脱いで黒いブラジャーとパンティ、ベージュのストッキングのランジェリー姿を私に晒しました。

 真奈美の下着姿・・たまりません。パンチラは何度か拝んだ事はありましたがパンモロは勿論初めて拝みました。「この下着の中を見たくないの?」「見たいに決まってるよ・・でも真奈美さんはヤツの奥さん・・」真奈美は乳首が見えないようにブラジャーを外しました。

 あの手をどけると真奈美の乳首!私はガマン出来ませんでした。真奈美に近ずき、真奈美の手をどかしました。やや大きめの乳輪と薄い茶色の乳首でした!「真奈美さんの乳首・・こんな色と形をしてたんだ!やっと見れた・・」

 そこからは無我夢中で真奈美の肌に舌を這わせました。ストッキングを脱がしパンティに手を掛けるときは流石にドキドキしました。悪友の妻のアソコを見てもいいのか・・でも見たい・・真奈美がどんなおま〇こをしてるのか・・

 知りたい!ゆっくりとパンティをずらすとほんのすこし濃い目のヘアと、パックリ開いた茶色とピンクが混ざりあった肉ひだが見えました。肉汁がテカってました。

 これが真奈美のおま〇こ・・こうなってたんだ・・やがて夢中で真奈美の中に私のjuniorをぶちこみました。冷静になって悪友の顔が浮かびました。それから4年たちました。

 悪友は東北で新しい女と暮らしていくと、一方的に真奈美に通告してきて離婚となりました。私はその一年後に真奈美と結婚しましたが友人の元夫と結婚となると、田舎では色々噂されるので再び東京の会社に転職して、真奈美と東京で新婚生活をスタートさせました。

 そして悪友と久し振りに会うことになりました。悪友は俺と真奈美が一緒になった事を知りません。どんな感じで報告しようか迷ってます。苦笑

↓他のHな体験談を見る




ホームへ