美人ではない女中学教師の体験談を告白

 3年生の男子生徒が、万引きをしたと知らせが来て駅ビルに迎えに行きました。この生徒は親が厳し過ぎるのと、受験のプレッシャーからストレスが溜まり万引きをしたと言いました。

 親に知らせるくらいなら、担任に・・と言って私の名前を出したそうです。帰り道に、かなり厳しく言い聞かせても足りないと思い、私の家に寄るよう言いました。家に着くと、うなだれて小さくなって「反省してます」と泣く生徒に、今度は励ます言葉をかけて紅茶とケーキを出しました。



 私は、打ち解けてきた生徒の手を握り「これからは何でも先生に相談してね」と言って微笑みかけました。私はなぜか急に、生徒が愛しくなり抱きしめキスをしました。生徒は私にされるがままで、呆然とした様子でした。

 私はブラウスのボタンを開けて、生徒の手を持ちオッパイに触らせました。生徒の手は震えながら、私の胸を揉みました。私は、生徒の口に胸をあてて吸わせました。「ああ・・」と声を出してしまい、自分の下がグッショリ濡れるのを感じました。

 私は生徒を床に押し倒し、ズボンを下げて勃起した生徒のペニスを夢中でしゃぶりました。生徒は「あぁ、せんせ・・」と、すぐに射精しました。私はゴックンと、それを飲み込むと 自分のパンティを脱いで生徒の上に跨がり、濡れたオマンコを生徒のペニスに擦りつけ腰を振りました。

 見る見る間に、ペニスはまた勃起したので自分のオマンコに挿し入れました。「ああぁ~」と声が出てしまい、激しく腰を動かすと、生徒が私に抱きついて「あぁ、せんせ・・出ちゃうよ・・」と言い、その瞬間に私もイッてしまいました。

 今までも10年間ほど、オナニーだけでは我慢ができなくなり、生徒を呼びつけては舐めさせたり入れさせたりしていた私です。私は決して美人でもなく、あまり男性とは縁はありませんが、とても美味しいセックスをしています。

↓他のHな体験談を見る

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

ホームへ