生活の為に始めた風俗の仕事が不倫へ

 私は生活の為風俗で働き始め、泊まりでデートするお客さんが出来ました。でもさすがに旦那に家を開けた事で怒られ中々会うチャンスがなくなり、私は旦那に仕事と嘘をつき男性と会いました。

 夕方男性が仕事終わってから会い、直ぐにホテルへ向かいました。「今日は23時くらいには帰らないとマズイんだ。」「分かった。」「腹空いたから何か注文するね。」男性が食べ終わるのを待ち、お風呂に入りました。



「ちんちんおっきい。」と指先で触りました。「硬。」「嫁とはヤらないし。」「今はマーとしかしてないよ。」「嘘だ?」「本当だよ?」私は少し嬉しくなりキスを求めました。お風呂を出てベットに入り私からキスをしちんちんをしごきました。

「舐めて良い?」と私は加えました。今日はいつもより興奮し、まだ触られてないのにまんこはビショビショです。男性の手がまんこに行きクリトリスを刺激されました。「ん。ん。ん。」「あん。はぁん。」気持ち良くてフェラが出来なく喘いでました。

「あぁ。イク。イク。」まんこから潮が溢れイきました。男性の指は中を刺激し「それもヤバい~。」「あぁん。あぁ。あぁ。」「またイっちゃう。」「凄い~。」潮がブシャッと吹き広がりベットは潮で濡れ本当に凄い事になってました。

「かなり吹くようになったね?」「まだ少し恥ずかしいけど気持ち良さが勝ってる。」「もっと感じたい?」「してくれるの?」と挿入されました。キスをしながらピストンされ私は男性の体に足を絡ませました。

「あ。あ。あぁ。」「もっと突いて。。」「ちんちん。。気持ひぃ。」「イク。」私がイってさらに激しくピストンされました。「ダメ。良い。」「漏れちゃう。」「我慢しないで。」「ダメ。本当にダメ~。」私は本当に漏れそうになって我慢しました。

 男性のピストンはさらに感度が良くなりずっと休まずに刺激され、ピストンされたまま潮がにじみ出て来て、男性が勢い良くちんちんを抜くとピュッと残りの潮が吹きました。「入れてても吹くね?」「気持ち良くして?」「我慢しない。」それからは何度も挿入で潮を吹かされ絶叫しました。

「イク。」顔にちんちんが来たので加え口の奥にビュッと精子を出されました。精子を飲まずにそのままちんちんを出し入れし精子が垂れながらフェラしました。男性のちんちんはずっとおさまらず「出る。」私はそのまま口の中に出して貰いました。

 精子を飲み「美味しかった。」「精子好きなんだ。」「誰でもじゃないよ?」笑 「俺特別?」「かな?」世間話しながら休憩しました。

↓他のHな体験談を見る

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

ホームへ