ハメまくった見覚えのある女が人妻に

 大学を卒業して地元にUターン就職、新しい彼女もデキていい感じだったある日・・コンビニで立ち読みしていたら、大きなお腹の若い女と若い男が手を繋いで歩いていた。若い女に見覚えがあった。

「マナミ・・お前結婚したのか・・」高校1年の時、同じクラスになったマナミとはとても気が合って、仲良くなった。夏休み、二人で遊んでいるとき、マナミに「ねえ・・私、好きになっちゃった・・」公園のトイレの裏で初めてのキスをした。



 8月1日、二人が初めて結ばれた日・・俺が初めてマンコの味を、マナミが初めてチンポの味を知った日・・共働きの両親の目を盗んで、昔、曽祖父と曾祖母の離れだった納屋で、セーラー服と学ランの下だけ脱いで、セックスに励んだ日々・・

 バイトしたり小遣いを貯めて、週1回はラブホで体を清めてマンコとチンポを舐め合い、弄り合い、ラブホに置いてあった変な淫具にコンドーム被せてマナミのマンコ掻き回したり、高校生が若い性を爆発させていた。

 マナミに生理が来てもできるようにと、アナル遊びもやるようになって、最後はアナル中出しセックスもこなした。高校を卒業すると、俺は東京の大学に、マナミは地元の短大に進学して別れた。

 別れて6年近くが過ぎ、24歳のマナミは幼さが消えて綺麗だった。幸せそうにマナミを見つめる男・・お前さんがマナミに中出ししたんだな・・マナミが15歳の処女をくれてから18歳で別れるまで、じっくりマンコを開発した女なんだから、マナミと結婚したお前さん、大切にしろよ・・

 マナミは俺が初めて仕上げた女体なんだからな。フェラの仕方も、チンポだけでなく淫具でも逝けるし、今、妊娠してるけどアナルも使えるから心配ご無用だぞ。かつて俺が発育途上の女体をタップリ堪能したセーラー服が、可愛い女子高生だったけど、今は成熟した女体なんだろうなあ。

 まあ、お前さんの子供を孕んだんだ、昔のことは忘れてやるさ・・見送るマナミの後ろ姿がどういうわけか滲んで、俺の目頭が熱くなっていた・・

↓他のHな体験談を見る

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

ホームへ