亡き妻が映る動画は恥辱に綴られていく妻だった

 37歳のとても清楚な美人妻が、全裸で大の字にベッドに縛られたまま股間を凌辱され、羞恥に秘唇が潤ンでいく様子がアップで捉えられていた。もう、何度も凌辱が繰り返され、目覚めた被虐の快楽に美顔が悶え泣く。

 吸い出されて肥大した秘芽をローターで振動させられ、切ない声を漏らす。快感に耐える内股がカクカク震えた。憐れな人妻の被虐の履歴書が恥辱に綴られていく。赤く熱した秘唇は執拗な愛撫に蕩け出し、バイブと電マとローター責めで大量の潮を噴く。



 日本人ではありえない黒人の巨根で激しく貫かれてアクメに泣き悶えた。一度淫具で逝かされた女体は敏感で、泣き悶え続けながらも白目を剥いて逝き果てた。これが在りし日の妻の動画だ。

 俺には身に覚えがないことで恨まれ、自慢の美人妻がさらわれ、監禁されて凌辱された。俺宛に届いたDVDには清楚であるはずの妻の淫らな動画で溢れていた。妻はその後、遺体で発見されたが、舌を噛み切っての自殺だった。

 きっと、何日も監禁されて凌辱を撮影されて、絶望の淵にいたのだろう。人違いだと知った主犯が自首してきたが、妻はもう帰らない。妻の十三回忌に思い出す12年前の出来事・・

↓他のHな体験談を見る

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

ホームへ