主婦のすっごく恥ずかしかった体験 - 主婦・人妻の体験談

主婦のすっごく恥ずかしかった体験

 38歳の主婦です。先日パートに行く途中、ミニバイクでこけてしまい、救急車のお世話になってしまいました。幸いにも怪我は腰を打ったのと、腕の擦り傷だったのですが病室のベッドに移されて、

 40歳前後のちょっとカッコイイお医者さんから事故の状況等を聞かれた後「それではきずの場所を診ましょう」ということになりました。2人の看護師さんが「おズボンおろしますネ」と私のジーンズの前のホックをはずしました。私は「えっ!」って思いました。


【人妻NET】夫に不満な人妻達が火遊びを・・!

 私は年甲斐もなくかわいい系のショーツが好きで、まさか、他人に下着なんて見られることなんてないと思っていたので、その日もうすいピンクの主人もお気に入りのヒップハンガーのミニをはいていました。

 しかもフロントの部分がレースっぽくなっていて、ヘアーもたぶん透けてしまうからです。私はしかたなく「はい」と小さく返事をしました。看護師さんは腰の傷を気使いながらおろしてくれましたが、きつめのジーンズのため、ショーツも一緒にさがってしまい、ヘアーも丸見えになってしまいました。

 看護師さんは「ごめんなさいネ」といってすぐにショーツをあげてくれましたが、先生も当然見ていたと思います。その後、Tシャツとショーツ1枚の私は、看護師さんの見ている前で先生に、腰、お尻、背中、足など怪我の場所を診察され、すっごく恥ずかしかったんですが、少し濡れてきてしまいました。先生は診察なのでマジメでした。

 そのあとのレントゲンは手術着みたいなのを着たので大丈夫でした。骨折もなく主人に迎えにきてもらいました。帰ってからショーツを確認すると、あの部分がいつもより汚れていました。主人には何も言ってません。
関連記事


↓他のHな体験談を見る



TOPへ