私の思い描いた結婚生活は何処に・・ - セクハラ・痴漢・レイプ

私の思い描いた結婚生活は何処に・・

 私は28歳で、3年前までOLをしていました。3年前社内恋愛の末に今の主人と結婚しました。人並みに恋愛をした末の結婚、幸せに・・なれると思っていました。が、私が思い描いていた幸せな結婚生活は半年と続きませんでした。

 恋愛中~結婚後数ヶ月までは彼はとても優しくそして結婚後は良い夫でした。色んな所に連れて行ってくれたり、けして高級ではないけど、色んな心のこもったプレゼントやサプライズもしてくれました。



 このまま子供ができて幸せに・・そうあってほしかったです。結婚前から彼は常務に良くしてもらっており、私も含めて一緒に食事をしたりもしていました。交際している事を承知した上で気遣ったりもしてくれて、

 とても良い方でそれが縁で結婚して会社を退社してからも彼が家に連れてきては、一緒に食事などさせてもらっていました。そんなある日、結婚して数ヵ月後の事です。いつものように常務と一緒に帰ってきて私も一緒に飲んだり、食事したりして、その日は次の日が休みという事もあり彼が常務に、

「今日は遅いし泊まって行ってください。常務とゆっくり話しもしたいですし。」と、誘いました。今までそんな誘いはした事がなかったのでちょっと驚きましたが、常務でしたから別に嫌な気はしませんでした、別に常務と2人で寝るわけではないから。

 その日は彼が買って帰ってきた泡盛を常務にたくさんすすめられて、そこまでお酒に強い方ではないけど自宅だったしドンドン飲んでしまい気づいたら眠気にまけていました。

 気づいた時には下着姿だけで1人ベッドに寝ていました。意識がかなり朦朧としていて、どうしてそんな姿でベッドに寝ているのかわからず、頭も痛いし頭がフラフラしている感じでボーッとしていると、常務がおもむろに部屋に入ってきて私は一瞬判断が遅れたけどとりあえず体を布団で隠しました。

 が、常務はそのまま近づくと私を押し倒して言いました。「やっと起きたか。待ちくたびれたぞ、美樹。さぁ、ずっとこの日を待っていたんだ。たっぷりサービスしてもらうぞ。」そういうと、常務は布団を剥ぎ取って私を押し倒しました。

 下着も剥ぎ取られ私は「助けて」と叫びながらひたすら抵抗しました。でも彼は助けにこず、ひたすら常務に犯され続けました。何時間犯されたか分かりませんが、常務は何度も私の中に果てました。

 私がオマンコから常務の精液を垂れ流しながらグッタリしていると、ドアが開き彼が入ってきました。私は大急ぎで彼の元に走りました、これで助かると信じて。けど、彼がとった行動は残酷な想像できないモノでした。

 私が抱きつこうとすると、私の髪の毛をつかんで引っ張りながら言い放ったんです。「寄るんじゃねーよ、豚が。」
そういって私を消し飛ばしたんです。私は何がなんだかわからず座りこんでいると、常務が私の髪を思いっきりひっぱり
ながら言いました。

「おいおい、手荒に扱ってくれるなょ。私の奴隷だろ?」「すいません、常務。つい~。」2人の会話の内容が信じられませんでした。その後すべて常務から聞かされました。

 彼は私を好きだったわけではなく、最初から常務に差し出す為に確保するのに結婚という形をとっただけだと。彼は出世の為に、常務が気に入っていた私を確保しただけでした。私を常務になじませる為に一緒に食事をしたり、怪しまれない為に時間をかけただけだと。

 その日から私の生活は一変しました。彼は私を家政婦か何かのようにしか扱ってくれず、妻ではなくなりました。常務は頻繁に訪ねてくるようになり、決まって私を抱きました。彼は平気で女性を連れ込んで目の前でイチャイチャしたり、
私がいるにもかかわらずSEXをしたり・・。

 彼は女性に私の事を「常務のペットみたいなモンで、ここにいさせてやってるだけ。」とか言っていました。それから今でも常務の奴隷をしています。今では雁字搦めでこの状況から抜け出すに抜け出せなくなってしまい、常務の言いなりで何でもさせられています。

 陰毛は脱毛させられ、乳首とクリトリスにはピアスをさせられ、常務は決まって中だしし、そのまま貞操帯をされたままにもされたりします。そして彼の気分次第で、呼びつけられて口などで処理するように言われたりもたまにあります。

 彼は私を生贄にして今は部長までになりました。


↓他のHな体験談を見る



ホームへ