.
.
.
.
.

★人妻の「でちゃう」は失禁でした

女性のHな告白や体験・男性のHな告白や体験を集めて掲載しています。エロな告白や体験談も掲載!
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
2016/06/02(木)
 2年ほどテニスのサークルで友人としてペアを組んだりして、ともにテニスだけを楽しんできた人妻と不倫関係を結んでしまった。きっかけは、ご主人の浮気だった。悩んだ彼女が泣きながら抱きつき悩みを話した。

 聞き役だけに徹していた僕だった。そのうち、何回か近くのレストランで食事をしたり、話をしながら車の中で軽くキスをしたり、彼女の秘部を下着の上からそっとなぞるくらいだったのがご主人が主張中ということで、そのまま車をラブホにいれた。
* 部屋に入るとき「それは・・」といって少し抵抗したが「ゆっくり話をするだけだよ」といって連れ込んだ。しかし、彼女は部屋に入るなり豹変し、積極的に抱きつき唇を押し付けてきた。

 そのまま抱き上げベットへ運び、無言のまま全てを剥ぎ取りお互いに裸で抱き合い彼女は僕のを含み始め、僕も彼女の滴り落ちるほどぬれた秘部に舌を這わせむしゃぶりついた。

 あまりの快感に彼女の口の中に精液を発射し、彼女ものどを鳴らしながら飲み干した。秘部への攻撃をさらに激しくすると、亀頭を口からはずして「いー・・いくー・・」彼女も果てたようだった。僕の男根はまだ堅いままだったので、そのまま後ろ向きに挿入し激しく彼女の子宮を打ち据えた。

 彼女は後ろからの経験はないらしく「い・・いたあーい・・」といっていたが、かまわずに子宮口めがけて貫き続けた。すこし角度が変わったとき「あっそこ・・気持ちいいとこのに・・あったてるー」といって穴がしまり始めた。

 膀胱に向かう位置だった。上から下に角度を調整すると確かに何かに当たるような感じで僕もいきそうになった。「またいきそー・・あーあー・・いくーーいくーー・・うううう」「いったよー、あっだめ・・でちゃう・・もれちゃうー・・」俺も限界になっていたので思い切子宮めがけて射精した。

 彼女から離れると同時に彼女はベットに大量の失禁をしはじめた。「だから、でちゃうって・・いったのに」中に出したことを告げると「今日は多分安全日だから」といったので安心した。このままの関係を永遠に続けたい気持ちです。

↓他のHな体験談を見る


この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
管理人がおすすめする「出会い系サイト」です。異性との出会いは待っていても天から落ちてきません。自分が求める出会い種を検討してサイトに訪問して下さい! 又、登録は無料ですので全て登録して試すのも宜しいかと思います。管理人より良き出会いを願っています。(18禁)
PCMAX
サクラがいないサイトをお探しの方必見!会員数500万人突破!!
登録無料・音声ガイダンスでの確認あり
ワクワクメール
手軽に出会いやすい上にサクラゼロ♪

登録無料・音声ガイダンスでの確認あり
ハッピーメールバナー ハッピーメール
理想の恋人、結婚相手をハピメで探そう!(18禁)

登録無料・音声ガイダンスでの確認あり

.
.
.
.
.

 | Copyright © Hな告白や体験談ブログ All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
.
.
.
.
.