男に貢いでいる熟女と円光した告白話

 もう何年か前の話しですが、mixiでのこと。甘えたがりとのコメントをしていた熟女のジュリ…40前半だったかな。甘えていいよ~とメールをしてみると、いきなりお金を貸して欲しいとのこと。歌舞伎町とB'zが好きで、かなり男に貢いでる様子。

 池袋の熟女デリヘルで働いてるとの話で、写真を貰ったらかなりの美人でした。ホテル代別で2万で約束…パニック症候群とのことで、彼女の最寄り駅、江古田だったかな~!?で待ち合わせ。冬にもかかわらず、黒の網タイツにデニムのショーパンで現れた。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 使い慣れてるのか、近所のラブホに入り、スタート。パンストフェチな私はお願いしてあったベージュのパンストを履かせノーパンパンスト写メを撮影させてもらい、エッチ開始。自分でも言っていたが、感じ易い身体とのことで、クリを攻める度にビクビクっと仰け反りいってしまった。

 タイミングいいのか悪いのか生理とのことで、一緒のお風呂は断られたが、生、中出し交渉したら何とかオッケイの返事。2万で生、中出し、写メ付き…得した気分でした。その後も何度か金欠の度に、援依頼のメールが来たが、歌舞伎町で遊びまくりで、人間関係も心配だったので、1度きりの思い出にしました。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ