Hな告白や体験談ブログ

【18禁】女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています。

Top Page › ◆女性の告白・体験談 › 知り合いとの体験談 › ノーマルからアブノーマルなセックスへ
2021-01-13 (Wed)

ノーマルからアブノーマルなセックスへ

 彼と山中をドライブ中、人気の少ない場所に車を止められました。そして彼からのキス。いつもどうりの優しいソフトキスだと思っていたら、舌が入ってきてかなりのディープキスに。絡まる舌と、唇と唇の擦れ合う音が社内に響いてとても恥ずかしくなってきたの。

 彼のキスはエスカレートしてきて、夜でもないのに20分以上唇を離してもらえませんでした。そしてイキナリパンティの中の手が。。。「なんだょ? 濡れてるじゃん」からかうような上からものを言っているような余裕たっぷりの言い方。



PR
 パンティの中の手はすぐ除けてくれたけど、胸を触られて、ブラウスのボタンを外されてブラをずらされて・・・。乳首をチュパチュパ吸われたまま、揉まれまくりました。

「恥ずかしいから止めて!」そう言うわたしの気持ちはよそに、彼はエスカレート。彼の座っている運転席側にまんぐり返しのスタイルで座らされました。彼も運転席に座ったまま、わたしが彼の膝に乗る格好で、わたしのお尻はハンドルのところに。。。

 ミニスカートからはパンティが見えまくりで本当に恥ずかしくて。けど、自分でも気付かないくらい興奮していたみたいで、彼からは、「お前の愛液でパンティ透けてるじゃん・・・」。

 彼はそのまま指でパンティの割れ目を触っていたんだけど、そのうちパンティをずらして隙間からわたしのお○んこを観賞しだしました。「お○んこの鑑賞会もいいな」そういいながらパンティを剥ぎ取ってしまいました。

「こんだけ夜でも濡れないじゃん?」「お前おとなしそうな顔して、ここはこうかよ? どうしてほしいんだよ? 言えよ?」彼は命令調で言いました。彼から言葉で虐められ続け、恥ずかしいことを言うことを強制させられました。

「『お願い、して?』だぁ? もっと具体的に言わないと俺どうしていいか分からねーだろ? 我慢できねぇんじゃねぇのか? これだけビチョビチョなんだから」余裕たっぷりで弄ぶような口ぶりで彼はそう言いました。

 自分でもおかしくなるくらい興奮しちゃって、わたしは彼が言えと言う言葉をとうとう口走っていました。「お願いします。わたしのイヤらしいビチョビチョのお○んこを虐めてください!!」

 人気はないとは言え昼間です。時々車の通る音がして、見られると思うと恥ずかしくて。でもすごく興奮しちゃって・・・。彼は、わたしのお○んこを観察するようにずっと眺めながら言葉でイジメていたけれど、わたしのお願いの言葉で、舌でわたしのを舐めはじめてくれました。

 舌の先をドリルのように細めて、割れ目を丹念に。ピチャピチャと言うイヤらしい音と、わたしの喘ぎ声が車内に響きわたって本当に恥ずかしかった。。。

 それから指でグチョグチョ弄りながら、口で強く吸い、舌でコリコリのクリちゃんをチロチロ舐めてくれたしました。我慢できず・・・イッちゃいました。

 それから彼のをくわえさせられ、彼のをフェラさせられながら彼はもっと人気のないところに車を移動しました。そのまま外に出るように言われ、ボンネットに手をついて、後ろから彼に突かれまくりました。

 すごく恥ずかしかったけど、夜ホテルでするHより興奮しました。彼は「愛液溢れてた。あんなベチョベチョの初めてだった」そう言っていました。それから野外プレイやアブノーマルなセックスをするようになりました。


↓他のHな体験談を見る










Top Page

最終更新日 : 2021-01-13