二人の女性から迫れて体がもたない体験談

 当時、中国地方の38歳の大手メーカー社員。系列販売店から新店舗のデザインを頼まれ、午後現地を調査し、Topからの要望も聞き取り、その夜の食事後、天文館のスナック”駅”で二次会。

 店を手伝っている28才美容師”さっちゃん”と店が終わり次第、さっちゃんの話では2時頃終わり私が泊っているホテルには、一度家に帰り男児6歳を祖母宅から連れ帰り、それからで3時になる。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 必ず行くからと約束。そのうち、客の保険セールスの42歳女性と店の片隅でダンスしていると、これまた話が出来上がり、泊っているホテルに行ってもいいか? とのこと。

 さっちゃんと約束している、というと諦めたみたいだが、又踊っている時に二人でいって良いか、さっちゃんとは友人だとのこと。でも夜明け前から2連発は翌日の仕事に差し支えある。

 ダメというと、じゃぁ今から行こう、という事になり、さっちゃんに内緒で別々に店を出て、会社関係者を帰しホテルで一発、完全に中出し彼女が帰ったのは二時。

 ぐっすり寝込んでいると電話で、フロントから。さっちゃんが来て、彼女”だれか入れたでしょう””保険の女性でしょう”と問い詰められるもアッサリ白状し、これまた生身で中出し。

 彼女が帰ったのは6時、チェックアウト時、三人宿泊料金を取られるも好い体を頂き満足。さっちゃんとは、彼方此方の出張先から鹿児島空港まで飛び、さっちゃんが迎えに来てホテルに直行。

 いつも生中出しだったがホテル&飛行機の金も続かず一年ほどで自然消滅した。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ