売れない演歌歌手でドサ周りしていた頃のやくざの宴会話です

 ある日、地方企業の忘年会に呼ばれ歌を披露する事になりました。しかし、そこはいわゆる企業舎弟だったのです。男性のマネージャーと共に宴会場に入ると、恐ろしい方々が大勢いました。既に皆相当酔っ払っているようでした。

 私はなんとか落ち着き払って歌い始めました。そのうち何人かが近寄って来て歌っている私にちょっかいを出してきました。腕や脚や腰を触ったり…。そして一人が私の背後から両手を回し、抱きしめるようにして私の胸を揉んできたのです。



 私は、きゃー、と声をあげてしまいました。すると、ちゃんと歌え!、と徳利が飛んできて、私の頬をかすめました。私は怖くてガクガク震えながら、歌いました。胸を揉まれながら。さらに別の男が私の正面至近に座り、私のスカートの中に手を入れてきました。

 マネージャーが止めに入りましたが、違う男に殴られて倒れ込みました。男はさらに私の脚の間に顔を突っ込み、下着の上から私の秘所を舐めるのです。私はもう自力で立つことが出来ず、後ろの男に持たれかかるような格好となりました。

 歌え!、悶えろ!、…、怒声が飛び交い、私は号泣しながらなんとか声を出しましたが、とても歌にはなりません。胸に、首筋に、あそこに、恐怖と羞恥の複雑な刺激を感じ、私は身悶えしました。そんな様子を他の男がビデオに撮っています。情けなかったです。マネージャーは呆然とそんな私を見ていした。

 9曲セットのカラオケが終わると、私はようやく開放されました。バタッと畳の上に倒れ、尚もひくついている私を見て、男達は大笑いしました。おい姉ちゃん、えらい感度いいな、気に入った、新年会にも来いや!

 そんな声を聞きながら、私は泣きながら服を調え、マネージャーと抱き合うように、会場を後にしました。今思えば強姦されなかったことだけでも幸いな状況でした。その事件を機にマネージャーとは公私とものパートナーとなりました。

 私を救えなかったこと、私がイッてしまったこと、それぞれの弱み、秘密を共有することで、なんだか変な連帯感が生まれて…。あの会社には感謝すべきなのかも知れません。

↓他のHな体験談を見る

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

ホームへ