生活の為に働く事で出会った童貞さん - 風俗系の体験談

生活の為に働く事で出会った童貞さん

 私は当時28歳で家族の為に風俗で働いてました。働き出して直ぐに気に入った客が居たんですが、ホテルで生中出しして以来会えてません。私はその後も風俗で生活の為に働いてましたが、たまに私ってなんだろう。。

 そう思う事もありました。ほとんどの客が自分本意で、前戯なしで濡れてないのに入れようとする人が多いし演技するのも大変です。たまに会話が弾む客も来てくれたりするけど、セックスはやっぱり気持ち良くないですね。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

 そんな時、私と年が近い客が来ました。その男性は自称童貞と話してました。私は童貞の男性を相手にするのは初めてで少しだけムラっとしちゃいました。お風呂場で男性の体を洗いながらちんちんをしごくと我慢汁が出て、

 男性も気持ち良さそうでした。泡を流しベットに行き、男性からはして来ないので私から行きました。軽くキスして男性のチクビを舐めながらちんちんをしごきました。

 男性「気持ち良い。」と興奮してました。ちんちんを加えたら、男性「うぉ。」男性が喜んでくれるよいに音を立てながら男性の顔を見て加えてました。男性がフェラしてるのをずっと見てたので私はちんちんを加えながら自分でまんこをいじり始めました。

 男性「俺もいじってみたい。」私はベットに寝て「おっぱい舐めて?」と誘いました。チクビをペロペロされて私も少し興奮しクリトリスを自分で刺激しながら「あぁん。もっと吸って?」気持ち良くなって来たので私は「まんこ触って?」と足を開きました。

 男性「初めてまんこ見た。」私はまんこを指で広げながら「ここ気持ち良い。」とクリトリスをいじらせました。男性は始めてと言ってましたが気持ち良くて濡れて汁が溢れました。急に男性の舌がクリトリスを刺激し、私「ダメ。気持ち良い。」久しぶりのクンニに感じました。

 私「そろそろ入れよ?」と男性のちんちんにゴムを着けて、挿入し男性のピストンが始まりました。男性は一生懸命動き私は少しキュンと来ました。男性が射精した時は抱きしめ合いながらゴム出ししました。男性が帰る前にライン交換しちゃいました。

 その何日が後にまたお店に来てくれて2回目のセックスをお互い楽しみました。感じはしますがイケなくて残念な気持ちはありました。お店に3回め来てくれた時、男性「仕事終わったから地元に戻るから、最後に来た。」と言ってました。寂しくなって抱きしめました。

 私「お風呂入ったら、いっぱい楽しもう?」早めに入浴を終わらせベットでキスしながらお互い触り合いました。私は足を広げ男性の手マンに喘ぎました。ちんちんを出して来たので奥まで加えました。

 私「入れて?」男性がゴムを探してるので、私「生でしよ?」男性のちんちんが生で入って来ました。ゴムの時より気持ち良くて、私「ヤバい。ちんちん良い~。」男性も私を気持ち良くさせようとピストンを激しくまんこの奥まで突いてくれました。

 男性「イきそう。」私「まんこの中に出して?」男性「良いの?大丈夫?」私「良いよ。ちょうだい。」「いっぱい出して~。」男性は中出ししました。男性はぐったり疲れてました。

 私は男性に見える様に足を開きまんこを広げ見せました。私「まんこから精子出て来てるよ。」男性は恥ずかしそうにしました。

↓他のHな体験談を見る



ホームへ