タイのタイトミニスカートが素敵な受付嬢 - 会社員の体験談

タイのタイトミニスカートが素敵な受付嬢

 タイに赴任している会社員です。まだ、こちらに来て半年ですが、家族も来ている為、実はあまり遊べてません。バンコクのど真ん中にある、とあるオフィスビルの受付嬢があまりにも可愛くて、ダメもとでメールアドレスを渡してみた。

 当然タイ語は話せないので英語で。するとすぐにメールが来た。「忙しいから、食事とかはいけません。BUTImissyousomuch」断られてるのか誘われてるのか?微妙な空気のまま、返事を打つと会いたい!と連発。ある日、仕事が終わった後にメール受信。



「仕事終わったよぉ~今、地下2階これる?」僕は、はやる気持ちを抑えて、エレベータを乗り継いで、B2へ。彼女は、受付で浮かべてる笑顔で、こっちと手招きする。身長160cmタイ人には珍しい巨乳でDぐらいはあるであろう。

 制服のタイトミニから覗く細い少し黒い黒い最高の美脚に、カールでまきまきした髪型。だれもが振り向く極上の女だ。地下にある事務所に連れて行かれ「大丈夫、だれもいないから」と片言の英語で。言葉が通じない分、会話がまったく進まない。

 でも、突然彼女が「抱いて」と言って、軽く抱きついてきた。それから唇を合わせビックリするぐらい柔らかい唇に、たまらなくなったが、ここは事務所。そこでストップ。その後も、メールのやり取りは、続き18時以降に事務所に行くのが日課になった。

 ところが何人もの人に目撃されてしまい、会社は危険だ~という状態に。「外で会いたい」とその日に、ホテル行く事に。ネットで安宿を調べ場所を彼女にメール。普通なら一緒に行くだろうが、彼女、受付嬢なだけあって、顔が広すぎる。別々に会社を出てホテルの前で待っていた。

 待つ事15分。彼女が来た。部屋に入るとあの極上の美女が、完全にメスになり首の後ろに手を絡め、今まで味わった事ない唾液がビチョビチョの激しいキス。胸に手を伸ばすと、あの受付の制服のボタンを自分ではずし、真っ赤なブラ、巨乳が目の前に現れた。

 日本のテクニックを見せてやると、興奮が止まらない。指を黒い美脚に合わせ、タイトのミニスカートを上げると、真っ赤なパンティーの局部には、もらしたのかというくらい激しく濡れていた。それを確認した瞬間。

 倒されズボンを下ろされフルボッキしたペニスをハァハァしながら、触ってきた。最初は軽くキスをする程度だったが、ガマンできなくなったのか、のどの奥まで激しいフェラ。この子まじでうますぎる。咥えながら時折見せる、淫乱な表情があの受付にいる美女だと思うと、たまらなかった。

 受付の制服を脱がせると、ものすごい形のいい巨乳(シリコンではなく天然だ)に、ヘソピアス。アンダーヘアーは、うすくクリもビラビラもよく見える。彼女の興奮はもう止まらない。次は俺の長い中指の出番。今まで何人も潮を吹かして来たこの中指で、たくさんいじめてやった。

 こんなのはじめてと思ったのか、小刻みに痙攣しながらよだれを垂らして感じている。ゴムを取り出し装着。すると急に「やっぱりよくないよ。」と下を向くが、その後、自分から上にのり激しく腰を動かし続ける。

「でぃ~でぃ~かぁ~」気持ちよぉお~と言う意味かな??感じる顔がなんともいとおしく、何度も激しくキスをしながら、子宮の奥までぶち込んでやった。あの日以来、すごい内容のメールが続いている。

 日本人のテクにはまったのか?お金を払わないで、こんなに極上の美女がいつも微笑みかけ、仕事が終わればトイレでフェラをしてくれて。俺はなんて幸せなんだろうと最近思う。安い給与で働いているこの子が愛おしくてたまらない。

 タイ人と結婚する日本人が全く分からなかったが、なるほどと妙に実感。今日は夜会いたいとメールが来た。たくさんいかせてあげよう。この子これから、どうしよう。毎日でもやりたい!!もっともっとやりたい!


↓他のHな体験談を見る



ホームへ