.
.
.
.
.

★混浴に妻が誘われえらい事に

女性のHな告白や体験・男性のHな告白や体験を集めて掲載しています。エロな告白や体験談も掲載!
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
2017/11/27(月)
 先週自治会で温泉に行って来ました。今年役になってるので妻(46才)も一緒だったんですが、総勢20人ちょっとでしたが、私が一番若造?で、何かあると”役員!”っと愛あるパシリ状態で可愛がって貰ったわけですが、

 そんな中強烈なハプニング!がありましてそれを書きたいと思います。それは食後7、8人の居残りのおっさん連中に露天風呂(混浴バスタオル巻き可)に悪乗りから妻が誘われ一緒に行く羽目になりました。

* 脱衣場は男女別で、バスタオルで完全防御した妻は少しモモが出てるのと、ノーパンだと思うこと以外は何ら露出してるわけでもなく、逆に見せたがりのおっさん連中が妻の間でぶらぶらさせて、困った妻を見て喜んでる?程度でした。

 そして妻がそろそろ”上がるわ”っと言って大注目の中!湯船から出ようとした時に、内股のまま体を捻るような恰好で淵に乗り出した瞬間!緊張のあまり?ギックリ腰?筋を違えたみたいで!

「ぁ痛!、、」っと言って壁と岩に両手を着いたまま固まってしまいました。その状況から見てた全員が腰を痛めたのを分かったと思います。私の「大丈夫か?」に「痛い~ダメみたい」っと振り返ろうして痛みが走ったのか、その反動で巻いてたバスタオルが無情にも床に、

 その時の状況を想像してみてください。妻は素っ裸で!少し前屈みで腰を伸ばし少しお尻を突き出すような感じで、私をはじめ全員がまだ湯船の中で目の高さは妻のふくらはぎの辺り?で開き気味のお股はもう丸見え!

 その向こうの垂れ下がるヘアーまでハッキリ!!”ぁあ~!ぁあ~!あ~!”っと大歓声が上がる中「ちょっとタオル取って~!」っと妻近くに居た数人が妻に近寄り「大丈夫か~?」っと言いながらバスタオルを拾い上げて手伝ってくれていましたが

 その時にも、覗き込むように妻の胸を見たり何故か手が背中や肩に回っていて、私が近付いた時にはもう入る隙間がない状態でした。その後、男性の脱衣場に妻を移動させてる間に誰かが女性用の脱衣場から妻の浴衣と下着を持って来たみたいで「もう下着はイイやろ?」っと浴衣だけ纏い私達の部屋に運び入れました。

 そしてふとんにゆっくりと寝かしてくれたんですが、その際も浴衣が引っ張られ妻の片乳とアンダーヘアーと割れ目を惜しみなく大披露!妻は痛くてそれどころではなかったみたいですが、

 取り敢えずお礼を言って退散して貰い、取り敢えずフロントに相談すると、整体師?らしき人が来てくれ熱したタオル等で幹部を暖め何やら施術してくれ、なんと気を付けながらですが歩ける様に!!

 その事も何とも驚きでしたが、整体師?(マッサージのおじさんかと思いましたが)に下着を履くか聞かれましたが、妻は「脱衣場に置いてままだから」?っと”だれだ!持ってるの?”「先生なのでこのままでいいですそれより早く直してください!」

 先生?の前で歩いて見せる時もやんわり両腕で胸を隠す様にはしていましたが、全然乳首見えてるわ!下はノーガードのままやわ。しかし恐るべし東洋医学!以前私がやった時には動かさない様に!で2週間ほど掛かったのに先生が帰った後、

 変に思うとこあって我慢出来ずバックで突いてしまいましたが、私も持ち時間では全然平気みたいでした。翌朝は愛想よく「ご迷惑お掛けしました~」っと、笑っとくことしか出来ませんでしたが、みんななんとも含んだニコニコ顔でした。

 以外に妻はケロっとしてるのにも驚かされましたけど、全部見られたのにね?女って一度見せたり(やらせて)しまうとオープン(女にでも)になってしまうのでしょうか、お陰で私の早打ちに更に磨きが掛かってしまいました。


↓他のHな体験談を見る


この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
管理人がおすすめする「出会い系サイト」です。異性との出会いは待っていても天から落ちてきません。自分が求める出会い種を検討してサイトに訪問して下さい! 又、登録は無料ですので全て登録して試すのも宜しいかと思います。管理人より良き出会いを願っています。(18禁)
PCMAX
サクラがいないサイトをお探しの方必見!会員数800万人突破!!
登録無料・音声ガイダンスでの確認あり
ワクワクメール
手軽に出会いやすい上にサクラゼロ♪

登録無料・音声ガイダンスでの確認あり
ハッピーメールバナー ハッピーメール
理想の恋人、結婚相手をハピメで探そう!(18禁)

登録無料・音声ガイダンスでの確認あり

.
.
.
.
.

 | Copyright © Hな告白や体験談ブログ All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
.
.
.
.
.