.
.
.
.
.

❤思い出すと濡れてしまいます

女性のHな告白や体験・男性のHな告白や体験を集めて掲載しています。エロな告白や体験談も掲載!
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
2017/09/14(木)
 某サイトで、メール交換してる中で『詳しく教えて~』『どんなかった~』リクエストが多いので、投稿しちゃいます。みなさんのキーワードの中から、複数・アナルが多いので、男性三人と絡んだときの話をしますね。

 主人が某サイトで、単独さんを募集しました。三人とも面識はなく、住んでいるところも私が住んでいるとこよりも遠方の方でした。っで、単独男性三人と主人と私で待ち合わせ場所に行き初対面、

* 簡単に自己紹介をして、主人が私に『このかた達と楽しむか?』と聞いてきて『うん』の返事。ここまで来て『無理』って言えないでしょ(^^ゞ正直、三人とも外観も悪い感じじゃなかったし、清潔な感じの方でした。いつものように『私、この人達と今から・・』って妄想に楽しんでました。

 主人は、その場から帰り、三人の方と私で、ラブホに行きました。最初は、みんなでビールを飲みながらエッチな会話をしながらテンションをあげていきました。今回は、リアルに主人にメールをすることと、指示があることがルールでした。

 ビールを飲みながら、私は下着姿。三人ともフェラでいかせること。(主人の指示)三人とも、おち○○んが大きい。デカい!主人が出していた条件だったらしい。眺めてるだけで胸が熱くなりました。

 はい、三人とも無事フェラ抜き終了で、ちゃんとゴックンしました。それから、順番にベットで1対1でセックス。残りの方は、ソファーから私たちを見ながら飲んでました。三人ともセックス終了後、主人にメールにて報告。

『最後に、4人で絡みなさい。アナルにもお願いしなさい。』こんな大きいおち○○んは無理。しかも、男性にアナルって言えない・・男性の方が『なんてメールきたの?』って。私が報告すると『まだまだ出来るよ』『アナルしてみたい』と、盛り上がりました。

 私の頭の中では、いろいろ考えてました。『あの大きいのが入るのか』『もうすでに2回いってるのに』(アナルセックスの長時間?)『洗浄してないのに』などなど。

 アナルにローション塗ってもらい、指を出し入れ。その間男性とキスしたり、フェラしたり、片手でシコシコしたり。アナルの準備が出来た頃挿入。予想どおり『痛い』奥まで入っても痛くて動けない。それまでやさしかった男性たちが、恐かった。

 無理矢理犯されてる感じでした。アナルと男性のものに、ローションをたっぷり塗って。しばらくは『痛い痛い抜いて~』を叫んでいましたが、抜いてくれず、口にはおち○○んを入れられ、アナルは激しくピストン。しばらくして、アナルの緩みにより気持ち良くなって、気を失いかけてた。

 三人とも終了後、正気に戻り気付いた。ベット上は便だらけ(>_<)男性に聞くと、おち○○んを抜くと同時に便を漏らしてたとのこと。私はまったく気付かなかった。みんなで、掃除する姿が笑えました。

 アナルでの絶頂はアソコとは違う感じで、気を失う・気が遠くなる、もしくはお酒のせい?初めてそんな感じになりました。っで、男性たちと別れて、主人の迎えで帰ろうとしたとき、一人の方から主人にお礼の電話。

 主人が『まだいいなら来ませんか?』って。今、解散したのに一人の方だけ呼び戻して。車内でアソコを舐められながら主人が私に質問攻め。相手がいるのに報告は私にとって究極に恥ずかしい。主人に報告しながらも何度も絶頂に達してました。

 男性の希望で、フェラ抜きでお礼しました。その間主人にはアソコに入れられながら。この話は、7~8年前のことなんですが、今でも思い出してはオナする時もあります。っで、書いていたらグッショリしてる(^^ゞ


↓他のHな体験談を見る


この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
管理人がおすすめする「出会い系サイト」です。異性との出会いは待っていても天から落ちてきません。自分が求める出会い種を検討してサイトに訪問して下さい! 又、登録は無料ですので全て登録して試すのも宜しいかと思います。管理人より良き出会いを願っています。(18禁)
PCMAX
サクラがいないサイトをお探しの方必見!会員数800万人突破!!
登録無料・音声ガイダンスでの確認あり
ワクワクメール
手軽に出会いやすい上にサクラゼロ♪

登録無料・音声ガイダンスでの確認あり
ハッピーメールバナー ハッピーメール
理想の恋人、結婚相手をハピメで探そう!(18禁)

登録無料・音声ガイダンスでの確認あり

.
.
.
.
.

 | Copyright © Hな告白や体験談ブログ All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
.
.
.
.
.